「ポケモンGOはつまらない」の声こそがブームの証拠?:【大喜利まとめ・その80】2016年7月31日号

   

どうも公認会話士です。

世間ではポケモンGOの話題がずいぶん多いですね。
私も世間に取り残されないようにやってみたのでちょっとその話を。

恐らく多くの人が……

結論から言いますと、私は「一応ダウンロードしてちょっとやってみてすぐアンインストールした」ユーザーです。恐らくこれが一番の多数派になるんですかね?

家から一歩も動かずにお試しプレイを終えたので、都内の人が有利なのかどうかもよく知らないですが、ずっと家にいてプレイ出来ないなら私にとっては全くやる気が起きないゲームとしか言えませんでした。
まぁ元々ポケモンもモンスターハンターも一度もやった事が無いので、「ついに実際の世界でモンスターをゲット出来るようになるなんて!」というワクワク感が理解出来ないのもハマらない理由かも。
外に出掛ける「ポケモンGO」じゃなくて、家の中のあらゆる場所にポケモンが出てくる「ポケモンIN」だったらもうちょっと楽しめたかもしれませんが。

果たして人が死ぬアプリなのか

ユーザーの色んな問題行動もニュースになってますね。そのうち死人が出るのも時間の問題などと言われてます。

逆に「今まで挫折してたウォーキングを続けられそう」とか、「出不精が治った」とか、「家族の会話が増えた」とか、「ポケモン友達が出来た」とか、上手に利用して楽しんでいる人も多いみたいで、それは素晴らしい事だと思います。

問題行動を誘発するゲームが悪いのか、問題行動をするユーザーが悪いのか、人によって意見の別れるところだと思いますが、私としては「ゲームのルールすら守れない人はどうせ遅かれ早かれ社会のルールを守れなくなる人」だったのでは?というカンジです。
大多数の人はルールを守って、現実社会との区別をちゃんとつけて楽しむ事が出来るので、ゲームや漫画やアニメに犯罪が起こった原因を全てなすりつけるのはいかがなものかと思います。
いつか「会話ブログのミニーという登場人物を模倣してストーカー殺人したらしい」なんて事がニュースになってブログが閉鎖されたらひとたまりもないですからね!
と、ミニーさんはそう簡単に手口を明かしたりしないので大丈夫だとは思いますが。
背後に人の気配を感じたような気がするのでこれ以上言わないようにしておきます。

ちょっと話が逸れましたが、とにかく極端に称賛する人と同様に、何だか極端に批判する人も多くて、ブームになるってこういう事なんだろうなぁ、と思いました。
アンチがいるのも人気の証拠です。
嫌って批判してる人もしっかり盛り上げに一役買ってしまっている事に気付いてないのかもしれませんね。

とりあえずドラクエやFFが街に出てフラフラするようなゲームにだけはならない事を願います。
せめて家の中、部屋の中の移動だけにしてください。
家の中でゴキブリみたいな敵が出てきたら結構臨場感があるんじゃないでしょうか。世界観がこじんまりし過ぎますかね?

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

さて、ではパソコンの前から一歩も動かずに出来る大喜利のコーナーにしましょう!
お楽しみください!

書き入れ時

160730-001

身体を張って

160730-002

デッサン力

160730-003

センテンススプリング?

160730-004

麻雀の理由

160730-005

ボケもん

160730-006

直視出来ない

160730-007

恐らく

160730-008

台無し

160730-009

ブラックジョーク

160730-010
過去の大喜利作品はこちら

youtube

おすすめ記事一覧:

 - ゲーム, 執筆日記, 大喜利