人生は誰かが作り上げた強制参加のゲームのようなもの?

   

ブログネタ:ゲーム、クリアするまでやる?

ミッキー
最後までクリアしたくなるようなオススメのゲームって何かあるかな
ミニー
あら、何かしら、突然、気持ち悪いわね。ゲームがしたいならゲームすれば良いじゃないの
ミッキー
え?どういう事だ?
ミニー
知らないわよそんなの。自分で考えてゲームにしたら良いんじゃないかしら
ミッキー
うーん、よく分からないな……お前とジャンケンでもすれば良いのか?
ミニー
あら、面白いわね。あなたが負けたらフライドポテトを奢ってくれるのかしら?
ミッキー
お、よし、じゃぁそれでも良いぞ。じゃぁお前が負けたら何をしてくれるんだ?
ミニー
あら、そんなの決まっているじゃないの。私が負けたらフライドポテトは自腹で買うわ
ミッキー
ああ、なるほど。って、それじゃ僕が損するだけじゃないか!……まぁ良いけど……じゃんけんぽん!おっ、勝った!
ミニー
………………
ミッキー
って、僕が勝っても特に何も起こらないわけだけど……で、これのどこがゲームなんだ?
ミニー
うるさいわね。あなたが勝って何も起こらないと思ったら大間違いよ。一体どう責任を取ってくれるのかしら、腹立たしいわね。私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
うっ、もしかしてお前が怒るという事態が起こってるのか……?ジャンケンくらいでそんなに怒らなくても……
ミニー
何をごにょごにょちょっと欠点を言ってみてと軽い気持ちで言われて口にしたところ、つい本人が最も気にしている欠点をズバリと指摘してしまって大喧嘩になってしまった男のようにつぶやいているのかしら、気持ち悪いわね。とにかくあなたはどうしても私にフライドポテトを食べさせたくなくて全力で阻止するというゲームをしているのね。恋人がやつれて餓死すればクリアなのかしら?恐ろしい価値観をしているわね。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
ちょ、ちょっと待った!そんなゲームするわけないだろ!ジャンケンなんて運なんだからどんな結果でも仕方ないと思うぞ!
ミニー
うるさいわね。とにかく今日はもうあなたのせいでフライドポテトを食べる事が出来なくなってしまったじゃないの。体内に備蓄されていたカロリーを少しずつ消費して生活するしかないわね。明日会う頃にはげっそりしてもう私なのかシャーペンの芯なのか見分けがつかないんじゃないかしら。って、誰が焼かれて真っ黒になった爪楊枝みたいな女なのかしら、失礼な
ミッキー
僕は何も言ってないぞ!それにフライドポテトを禁止したわけじゃないのにどうして断食するみたいな話になってるんだ!
ミニー
うるさいわね。世界中の全ての人間が買いたい時にいつでもフライドポテトを買えると思ったら大間違いよ。あなたは日本全体が米を買えないような貧困に陥っても【米を食べずにお菓子を食べれば良い】とか言い出すつもりなのかしら。そうやってお金で何でも解決出来ると信じているような時代錯誤の成金みたいな価値観なのね、いかがわしい。もしかして今まで私に奢り続けたフライドポテトの代金を請求して、支払い能力の無い私を支配して縛り付けるつもりなのかしら。あなたみたいな人は断頭台で首を切られた方が世の中のためになるかもしれないわね
ミッキー
どうして僕が悪政と圧政で革命を起こされる指導者みたいになってるんだ……全く。お金で解決するとかいう問題じゃなくて、僕はお前が相手だったらフライドポテトを奢る事くらい何とも思わないぞ。だから何も食べないなんて言わずに今から一緒に食べに行こう
ミニー
あら、どうしてそんな事をわざわざしてくれるのかしら?理由が分からないから行きたくないわね
ミッキー
お前の事が何よりも大切で大好きだからに決まってるじゃないか!お前が嫌な想いをする事は僕にも耐えられないぞ!
ミニー
あらそう。何を必死になっているのか分からないけれど、今日もクリアしてしまったから一緒に行ってあげても良いわよ
ミッキー
え?何が?何かゲームでもしてたのか?

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー ,