欅坂46 3rdシングル「二人セゾン」Type-A,B,C,通常版の違いとどれを買うべきか

      2016/12/02

どうも公認会話士です。

乃木坂46にすっかりハマってファンになって約1年が経ちますが、今ではメンバーの顔と名前が全員一致するのは当然の事として、更に歌声や性格や主な仕事内容などもしっかり把握してしまうくらいになりました。
昔のライブDVDやバラエティのDVDや映画やドラマのDVDもほぼ観ましたし、メンバーが出演する舞台も可能な限り観に行きましたし、文化放送で毎週30分放送されるラジオ番組【乃木坂46の「の」】も、過去の放送約200回、大体全部聴きました。

好きが高じて小説まで書いちゃったわけですが、今回は乃木坂46の話ではありません。

欅坂46です。

ここまで乃木坂46にハマると、妹分の欅坂46にも興味が出てくるのが自然な流れ……なのかどうかは分からないですが、こっちもいつの間にか顔と名前とキャラクターくらいはしっかり一致してます。

4月のCDデビュー以降、すぐに曲も売れてメンバー総出演のドラマも製作されて、数人は単独でバラエティや映画にも出演……と、何とも順調な彼女達。
中には「乃木坂46があっと言う間に抜かれた」などと言っている人もいますが、これはあくまで先を行く乃木坂46が苦労して試行錯誤しながら切り拓いて踏みならして、なるべく平坦にしてくれた坂道を後ろから付いてきてるから順調に見えているだけだと思います。
そもそもその乃木坂46だってAKB48が成し遂げてきた功績を参考に歩んでるわけですからね。
やっぱりまだまだ世間の認知度は
AKB>乃木坂>欅坂
だと思います。

というよりそれぞれ別の特色があるわけなので、抜いたとか抜かれたとかで競ってるんじゃないんです。まぁCDの売り上げ枚数という分かりやすい数字の差は生じてしまうわけですが……。

と、話が段々逸れてきてしまいました。
今回は11月30日に発売される欅坂46の3rdシングル【二人セゾン】の紹介をしたかっただけです。

関連記事:乃木坂46「サヨナラの意味」を本気で小説化してみた

スポンサーリンク

ad

今までとこれから

初期の乃木坂が可愛い路線なのかオシャレ路線なのかセクシー路線なのか格好良い路線なのか、方向が定まらずにふわふわしてた印象なのと違って、欅坂はデビューシングルから「大人への反抗」という明確な世界観を打ち出してきてます。
実際に関係者に聞いたわけではないのであくまで私が曲を聴いた感想ですが、でも1st【サイレントマジョリティー】にも2nd【世界には愛しかない】にも「大人が創り出してきた世界への疑問、不満、息苦しさ、閉塞感」といった内容の歌詞が出てきます。

このままで行くなら当然3rdも同じ世界観。逆に路線変更するなら今のうち。という気になる今回のシングルは果たしてどんな曲なのか――。

まずセンターですが、1st【サイレントマジョリティー】、2nd【世界には愛しかない】に続いて、今回も平手友梨奈さんです。
今の時点で欅坂46というグループは【平手友梨奈とケヤキダンサーズ】的な様相を呈してます。


「俺は渡辺梨加が好き」とか、「長濱ねるが一番!」とか、人によって推してるメンバーが色々いると思いますが(私は基本的に全員好きですが、バラエティ番組で跳ねそうな織田奈那さんと鈴本美愉さんと尾関梨香さんに特に注目してます)、誰のファンであっても平手さんのセンターに異を唱える人はいないんじゃないかと思います。
それくらい彼女は圧倒的な存在感です。【生まれながらのセンター】みたいな人です。

歌や踊りでの存在感はもちろん、ドラマでは棒読みのメンバーも多かった中、彼女は演技まで上手かったです。


しかもメンバーで最年少の中学生。バラエティ番組になると一気にあどけない表情になります。末恐ろしい存在です。

芸能界は時々世の中を揺るがすような中学生が登場しますね。花の中三トリオとか、後藤真希さんとか(どっちも世代じゃないので噂で聞いた話でしかないですが)。
彼女もそんな存在になり得るオーラを持ってると思います。

と、前フリはほどほどにして、とっとと曲を聴いてみましょう。

さて、どうでしょうか。
なんと、まさかの「恋愛」がテーマの曲に様変わりしました!

今まで笑顔はほぼ皆無だったのに、今回は皆ずいぶん爽やかな笑顔で歌ってます。
確かに【欅って書けない?】とか【KEYABINGO!】とか、彼女達が出演してるバラエティ番組を観ていると、笑顔の方が欅坂46っぽい気もします。

いずれにしても大胆な世界観の変更で、こりゃ4thシングルまで今から気になってしまいますね。
というわけで、CDの中身を確認していきましょう。乃木坂46と同様に、欅坂46も何枚も同時に発売します。

Type-A

ディスク:1
1. 二人セゾン
2. 大人は信じてくれない
3. 制服と太陽
4. 二人セゾン ~off vocal ver.~
5. 大人は信じてくれない ~off vocal ver.~
6. 制服と太陽 ~off vocal ver.~

ディスク:2
1. 二人セゾン (Music Video)
2. 大人は信じてくれない (Music Video)
3. 織田奈那
4. 小池美波
5. 齋藤冬優花
6. 土生瑞穂
7. 平手友梨奈
8. 守屋茜
9. 米谷奈々未
10. 渡辺梨加

Type-Aは3曲ともメンバー全員参加の曲です。1stシングルの時点で選抜とアンダーに分かれてた乃木坂46と違って、欅坂46はここまで全員が選抜扱いになってますね。
参加メンバー(石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、 齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、土生瑞穂、原田葵、 平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐、長濱ねる)

DVDは今まで通り、収録曲のMVと、メンバーが個々に出演するごくごく短い個人PVが収録される模様です。

Type-B

ディスク:1
1. 二人セゾン
2. 大人は信じてくれない
3. 誰よりも高く跳べ!
4. 二人セゾン ~off vocal ver.~
5. 大人は信じてくれない ~off vocal ver.~
6. 誰よりも高く跳べ! ~off vocal ver.~

ディスク:2
1. 二人セゾン (Music Video)
2. 誰よりも高く跳べ! (Music Video)
3. 石森虹花
4. 今泉佑唯
5. 尾関梨香
6. 小林由依
7. 佐藤詩織
8. 菅井友香
9. 鈴本美愉
10. 原田葵

Type-Bにはけやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーによる曲「誰よりも高く跳べ!」が収録されてます。先程は全員が選抜と記述しましたが、欅坂46には研究生というかアンダーメンバーというか実質2期生というか、そんな扱いのけやき坂46というグループが存在します。オーディションの最終審査を辞退した長濱ねるさんが後に特例で合格した時に作られたグループで、長濱ねるさんは現在両方のメンバーを兼任してます。
今後乃木坂のように一つの大きなグループになるのか、別々に活動していくのか、メンバーの入れ替えがあるのか、どうなっていくのかまだ分かりません。
・シングルのたびに欅坂46とけやき坂46のメンバーを入れ替えて、乃木坂でいう選抜とアンダーっぽい扱いにしていく。
・けやき坂46はあくまで追加オーディションを合格して間もないメンバーの受け皿として存在させて、一定のレッスンを終えたメンバーを欅坂46に昇格させ、欅坂46のメンバーが増えてきたらその中で選抜とアンダーに分ける。
のどちらかかな?と思いますが、どうなるでしょうか。
参加メンバー(井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依)

Type-C

ディスク:1
1. 二人セゾン
2. 大人は信じてくれない
3. 僕たちの戦争
4. 二人セゾン ~off vocal ver.~
5. 大人は信じてくれない ~off vocal ver.~
6. 僕たちの戦争 ~off vocal ver.~

ディスク:2
1. 二人セゾン (Music Video)
2. 僕たちの戦争 (Music Video)
3. 上村莉菜
4. 志田愛佳
5. 長沢菜々香
6. 渡邉理佐
7. 長濱ねる
8. けやき坂46 特典映像

Type-Cは新ユニットFIVE CARDSの曲「僕達の戦争」が収録されてます。
参加メンバー(上村莉菜、長沢菜々香、土生瑞穂、渡辺梨加、渡邉理佐)
5人の共通点がちょっと分かりません。佐藤詩織さんと菅井友香さんが入ってないので、年長組というわけでもないようです。何故この5人!?というのが逆に楽しみではあります。

通常版

ディスク:1
1. 二人セゾン
2. 大人は信じてくれない
3. 夕陽1/3
4. 二人セゾン ~off vocal ver.~
5. 大人は信じてくれない ~off vocal ver.~
6. 夕陽1/3 ~off vocal ver.~

通常版にはフォークデュオ「ゆいちゃんず」として前作で「渋谷川」を歌った今泉佑唯さんと小林由依さんに平手友梨奈さん(てち)と長濱ねるさんを合わせた「てちねるゆいちゃんず」の曲「夕日1/3」が収録されてます。
まぁ何とも安易なユニット名ですが、ゆいちゃんずにギターを弾かせるとして、長濱さんはピアノが弾けるという話もありますが、平手さんは何か弾けるんだろうか?と興味深いです。
参加メンバー(今泉佑唯、小林由依、平手友梨奈、長濱ねる)

というわけで、表題曲の「二人セゾン」以外の曲は今までの世界観である「大人への反抗」の要素が強そうなタイトルが並んでます。
「色んな曲作ってみたけど、この曲が一番出来が良いから表題曲にしちゃおう」みたいな適当な決め方はしてないと思うので、結局今後どうするつもりなのか気になりますね。

どれを買う?

さて、結局私はどれを買うのか、という点ですが……
好きなメンバーの個人PVが収録されてる特典DVD付きのTypeにするか、それとも全種類にするか、と色んな選択肢がありますが、Type-AとBを買おうかな?というカンジです。
この際個人PVについては無視して、メインの2曲と、けやき坂46の曲のMVを重視しようと思います。
他の2曲は割安な配信でダウンロードして入手しようかと!

ちなみに乃木坂46のまだ入手してない曲もコツコツ配信で購入してます。全曲をCDで揃えようとしたらあっと言う間に破産してしまうので……。
それでもまだまだたくさんあって、先は長いです。

というわけで【二人セゾン】の紹介でした。
欅坂46を記事にするのはこれが初めてだったもので、つい長々と失礼しました。

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 執筆日記, 欅坂46