勉強、掃除、ダイエット:やる気が起きない嫌いな事は無理してやらなくても良い理由

   

ブログネタ:あなたのやる気スイッチは?

ミッキー
お前は何かに集中したい時ってどうやってるんだ?
ミニー
あら、どういう事かしら?
ミッキー
いや、例えば勉強とかスポーツとか読書とか部屋の掃除とか、したい気持ちはあるのにどうも集中出来ない事が多くてさ
ミニー
あらそう。だったら何もしなければ良いんじゃないかしら。まともに出来ないならただの時間の無駄だと思うわ。それなら何もしないのとほとんど変わらないはずよ
ミッキー
うーん、でも勉強とか掃除とかはしないわけにもいかないし……
ミニー
あら、そうかしら。もしあなたが何も知らなくても私は知っているかもしれないし、あなたの部屋が汚れても私の部屋は綺麗かもしれないわ、だったら何も気にする事なんて無いじゃないの
ミッキー
確かに知識に関しては分からない時にお前に訊けば済むのかもしれないけど、僕の部屋が汚れたらお前の部屋が綺麗でも問題は解決しないと思うぞ!
ミニー
うるさいわね。どうして別の場所に住んでいると決め付けて話を進めているのかしら、腹立たしいわね。あなたが汚しても私が掃除すれば……って、何を言わせるのかしら、みっともない
ミッキー
ううっ、そういう意味だったのか……でもお前が一緒に住んでるなら尚更僕が原因で汚すのは嫌だぞ。あ、そうか、そういう事なのかな……
ミニー
何をごにょごにょ今まで全く意識しなかった女の子と擦れ違った時に何となく手が触れるどころか、少しだけ握られたような気がして、突然その女の子の事で頭がいっぱいになってしまった男のようにつぶやいているのかしら、気持ち悪いわね。それにしても、ついにずいぶんと酷い事に気が付いたみたいね。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
えっ!?何で?酷い事なんて考えてないぞ!
ミニー
ウソをついても無駄よ。ヤル気が無い事を進んでするようになるのは、徹底的に嫌いか徹底的に好きかのどっちかだもの。私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
ちょ、ちょっと待ってくれ。どういう事かよく分からないぞ。徹底的に嫌いなのにヤル気が出る事なんてあるのか?
ミニー
当たり前じゃないの。面倒とか、何だか嫌な気がするとか、そういうレベルの嫌いでは全くヤル気なんて起きないでしょう?今までのあなたの状態はまさにそれよ。ところがもっと徹底的に嫌いになればまた話が変わってくるのよ。例えば日本ではないある国を心の底から嫌悪する人がいたとして、そういう人達に限って政治や経済以外の自分とは直接関係の無い細かいニュースまで逐一チェックしているわ。嫌いならば少しでも関わらないような努力をすれば良いのに、自発的に能動的に小さなニュースにまで目を光らせて嫌な気持ちになって、攻撃的な言葉を日記やブログに書いたりするのよ。あまりにも嫌うとかえって頭の中がいっぱいになってしまうわけね
ミッキー
な、なるほど。普段温厚で楽しい文章を書いている人も、物凄く嫌いな事に対しては目を疑うような怖い言葉を使ったりしてるな
ミニー
ええ、そうね。【国ごと滅びろ】とか【全員悲惨な目に遭ってしまえ】とか、自分がどれだけ人間としての品位が滅びた悲惨な言葉を使っているのか気付いているのかしら。それから嫌いな食べ物に対してもそうね。どれだけ好きな食べ物と一緒でも、大嫌いな食べ物の風味が少しでも混ざっていたらそっちの方が気になってしまって全く美味しく感じないのよ。徹底的に嫌うというのは、人間を行動的に、攻撃的にする力があると思うわ。大嫌いと大好きは紙一重と言えるわね。だから部屋の掃除が大嫌いになれば、かえって少しの汚れが気になってしまうはずよ
ミッキー
絶対掃除したくないのにどうして部屋が汚れてるんだ、みたいなカンジか。うーん、言いたい事は分かったけど、勉強や部屋の掃除をそこまで嫌うのはちょっと難しいんじゃないかな……
ミニー
ええ、だから勉強と部屋の掃除を大嫌いな私と関連させて認識しようとしていたじゃないの、失礼な。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
逆だよ逆!お前のために、って思えば何でも頑張れそうな事に気付いただけだぞ!お前の事は徹底的に好きに決まってるじゃないか!
ミニー
……うるさいわね。という事は私から勉強や部屋の掃除の雰囲気がしてきたと思ったら、その嫌いな雰囲気の方が気になってしまう程度の好きだった事に気付いてしまったのね。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
おい、何を言ってるんだ。ちゃんと話を聞いてくれ!お前なら嫌な事なんて何もかも打ち消してくれるに違いないぞ!言わば僕のヤル気を引き出すためのスイッチみたいな存在だな
ミニー
……何をみっともない事を得意そうな顔で話しているのかしら。実際にやってみてから言わないと恥を掻く可能性があるわよ
ミッキー
うっ、ずいぶん慎重だな……でもきっと頑張れると思うぞ。それはそうと、お前にも何かヤル気を引き出すスイッチみたいなものってあるのか?
ミニー
あら、そんなの言うまでも無いじゃないの。あなた以外にスイッチだと感じる人はいないわよ
ミッキー
そ、そっか。お前の役に立つ存在になれてたなんて感激だ……
ミニー
違うわよ。不一致だと感じる、って言ったの。性格も考え方もこんなに違う人がどうして世の中に存在するのかしら。もういっそヤルしかないんじゃないかしらね
ミッキー
おい!もしかして殺る気が出るって意味で言ってたんじゃないだろうな!?
ミニー
違うわよ。一生をやるしかない、って言ったの。一生を掛けてあなたの事を何もかも知り尽くしてやるわ

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー ,