コーラや唐揚げに勝手にレモンを掛けられても受け入れなければならないのがルール?

   

ブログネタ:コーラにレモン、あり?なし?

ミッキー
そういえば定番のトッピングみたいなのって誰が決めたんだろうな
ミニー
あら、何かしら、突然、気持ち悪いわね。私が選んでいるに決まってるじゃないの
ミッキー
え?そうなのか?一体何の話をしてるんだ?
ミニー
あら、こんな話題の時に限ってトッピングを間違えたのかしら。それとも意外と今までにもこういうケースはあったのかもしれないわね。あまりにも当たり前過ぎて警戒心を無くしてしまった時にこそ落とし穴があるのかもしれないわ。例えば通学のために通る公園に落とし穴があるんじゃないかと毎日毎日警戒して一歩一歩確かめるように歩いている男がいるのよ。でももちろんどれだけ歩いても落とし穴は無くて安心していたところ、ある日確実に落とし穴としか思えない状態になっている箇所を発見して、大喜びで自ら飛び込みに行ってしまったようなものよ
ミッキー
その例えで言いたい事をちゃんと表現出来てるのか……?よく分からないけど……と、とにかくトッピングはお前が決めてる、って言ってたな。コーヒーを注文するとミルクと砂糖もついたり、紅茶やコーラを頼むとレモンが入ってたりするのはホントにお前が決めたのか?
ミニー
知らないわよそんなの。私の一声で世界中の喫茶店が真似するような事態になったら、喫茶店は全てフライドポテト専門店に姿を変えているはずよ。そうなると他のファストフードとの差別化を図るために食べ放題でも良いかもしれないわね。お茶に口をつけた瞬間をキッカケに2時間の食べ放題が始まるわ
ミッキー
何を言ってるのか分からないぞ!もう喫茶店でも何でもないじゃないか!
ミニー
うるさいわね。だからお茶に口をつけた瞬間がキッカケ、と言っているじゃないの。お茶に口に契機、漢字を合わせたら喫茶になるからちゃんと喫茶の要素は残っているじゃないの
ミッキー
いや、名前の問題じゃなくて、店のコンセプトが全く変わっちゃってるし……
ミニー
うるさいわね。そもそもお茶に全く口をつけないお客がいたら食べ放題が始まる前にどんどんフライドポテトばかり食べられてしまって大損じゃないの。謝罪してちょうだい
ミッキー
お前が設定したルールだろうが!全く……何か話したかった話と全然違う内容になっちゃったな……注文すると勝手に店がレモンを入れたりミルクを入れたりするのをどう思うか訊こうと思ったんだけど……
ミニー
何をごにょごにょ大好物のトンカツ専門店に行ってどれだけ美味しいのか楽しみにしていたところ、その店には彼が大嫌いな納豆をミキサーでドロドロにした納豆ソースしか存在しないと知らされて発狂しそうになっている男のようにつぶやいているのかしら、気持ち悪いわね。とにかく今日は何の話をしたいのかしら?話の内容に何もトッピングされていないから何が何だかさっぱり分からないわ
ミッキー
いや、だからその店が勝手に提供してくるトッピングについて話してたんだぞ。まぁお前も言ってたように、トンカツにはソースとカラシがついたり、フライドポテトには塩とケチャップがついたり、そういうのが許せるかどうか……
ミニー
さぁ、どうかしらね。少なくとも私はケチャップなんていらないけれど、もしかしたらマズイと思っている私の味覚がマズイだけかもしれないわ。結局はその店の店主の味覚に従うしかないんじゃないかしら。だからこそ自分好みの店を発掘したりする楽しみもあるでしょうからね
ミッキー
なるほど。もし自分の口に合わなくても、他の多くの人が支持してるかもしれないしな。もし口に合わなかったらその時は諦めるしかないか……それはそうと、さっきのトッピングはお前が選んでるって話は……
ミニー
そもそもトッピングというのは英語のTOPの意味だから、本来は食品の上に乗せる食材やソースの事よ
ミッキー
そっか。そう言われればそうだな。じゃなくて、お前がトッピングを選ん……
ミニー
だから混ぜたり入れたりするのはトッピングというよりミキシングかしら。もういっその事何もかもクッキングで統一するという乱暴な手法もありえるわね
ミッキー
ちょ、ちょっと待った!とりあえずさっきの話の続きを聞きたいぞ。お前がトッピング……
ミニー
しつこいわね。今日の話のように、どれくらいトッピングするかは全て私次第だと言っているのよ
ミッキー
ああ、なるほど。一つの話題でどれくらい盛り上がるかはお前の気分次第って言っても言い過ぎじゃないからな
ミニー
違うわよ。本来ならばどんな話題でも私一人で充分だと言っているのよ
ミッキー
まさか僕ってトッピング扱いだったのか!?

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー , ,