欅坂46の好きな曲ランキングTOP10「漢字欅曲編」

   

どうも公認会話士です。

今まで色んな好きな物をランキングにしてきたので、今回は乃木坂46の好きな曲に続いて欅坂46の好きな曲を発表します。
乃木坂46は「選抜メンバー曲編」「アンダー曲編」「ユニット・ソロ曲編」とジャンル分けしましたが、欅坂46も同様に「漢字欅曲編」「ユニット・ソロ曲編」「ひらがなけやき曲編」でいきたいと思います。
※欅坂46には、1期生的・選抜メンバー的な扱いの「欅坂46(漢字欅)」と、2期生的・アンダーメンバー的な扱いの「けやき坂46(ひらがなけやき)」という2つのグループが存在します。

今のペースだとけやき坂46の曲が10曲以上出揃うまでに数年は掛かりそうですが……
まぁとにかく、早速お楽しみください!

スポンサーリンク

ad

10位 語るなら未来を…

2枚目のシングル「世界には愛しかない」に収録されてます。
「過去の栄光ばかり話してるようなつまらない大人になるなよ」というメッセージが込められてます。歌詞にはかなり辛辣な言葉も散りばめられていて、多くの大人を敵に回しそうです。
彼女達は一貫して「大人への反抗」というテーマの曲を発信し続けているグループですが、一番お金を使うのがその辺りのファン層という気がするので、そういう意味でもかなり挑戦的なグループと言えますね。

9位 大人は信じてくれない

3枚目のシングル「二人セゾン」に収録されてます。
これまたタイトルからも分かるように、全く大人と仲良くしようという意志が感じられません。歌詞もやはり強烈で、一番危ない部分は英語でオブラートに包んではいますが、Believe me I really wanna die, dont'ya know ? とか言ってます。
アイドルになる夢を叶えた娘がこんな歌を歌ったら彼女達の親御さんがビックリしそうな気がしますが、果たしてどうなんでしょうか。

8位 手を繋いで帰ろうか

1枚目のシングル「サイレントマジョリティー」に収録されてます。
アイドルらしい普通の恋愛ソングってカンジですが、逆に彼女達には珍しいと言えますね。
音楽番組などで見掛けるたびに表現力やパフォーマンスが洗練され向上し続けている彼女達ですが、だからこそこういう曲も今後は増えていくのか、それとも全く無くなるのか、どっちに転ぶのか興味深いところです。

7位 エキセントリック

4枚目のシングル「不協和音」に収録されてます。
「変わり者で良い」「他人になんて興味が無い」というのがテーマです。ファンに愛されるべきアイドルがそんな事言っちゃって良いんだろうか、って気もしますが、そこも彼女達の魅力の一つと言えます。
曲調は好きなカンジなんですが、乃木坂46のランキングの時も触れたように、やっぱりラップの曲は辞めていただきたいなぁ、というのが正直なところです。乃木坂のアンダー曲も2曲続けてラップでしたし、ここへきて欅坂まで……もしや秋元氏のマイブーム的なカンジなんでしょうか?何度も言いますが、ラップを歌わせたいなら、歌う彼女達自身に作詞させてください!

6位 不協和音

4枚目のシングルの表題曲です。
「他人と違っても良いじゃないか」というのがこの曲のテーマですね。「大人への反抗」というテーマと同時に「多数派への反抗」というテーマもずっと見え隠れしていた彼女達ですが、先程の「エキセントリック」とセットで後者を全面に押し出した内容になってます。
人それぞれ、というのは私もよく使う言葉なので良いんですが、この曲は「妥協したら死んだも同然」とか「僕を倒してから行け」とか、周囲の人間に対して無関心を貫くどころか、逆にこっちから積極的に攻撃していく意志すら感じさせるような歌詞になってます。曲の途中で平手さんと長濱さんが「僕は嫌だ!」と叫ぶのも特徴ですね。
ここまでいくと個性というより、ただただ周囲を敵視して聞く耳を持たない扱いにくい一匹狼でしかないんじゃないか?と、あくまでだたの歌詞なのにこの登場人物の行く末が心配になってしまいます。
ミッキー君のような人と早く出会えると良いですね。

5位 キミガイナイ

1枚目のシングル「サイレントマジョリティー」に収録されてます。
「君がいないだけでこんなに世の中はつまらないのか」という内容の失恋ソングです。
ユニット曲には恋愛の曲が多いんですが、メンバー全員でこういう曲を歌うと逆に新鮮な気もします。
この失恋ソングと、先程の「手を繋いで帰ろうか」と、「サイレントマジョリティー」と、どれを表題曲にしようか運営は迷ったんじゃないかなぁと思うんですが、デビュー曲なのでよりインパクトの強い方を選択した、というカンジだったのかもしれないですね。

4位 世界には愛しかない

2枚目のシングルの表題曲です。
タイトルだけだと恋愛の曲っぽいですが、「大人はごちゃごちゃ言うけど、僕はそんな言葉は信じない。きっと世の中には真実の(永遠の)愛があるはずだ」というカンジです。大人への反抗とともに、前向きな希望に満ちているのも特徴ですね。
聴く分には良い曲なんですが、この曲はラップとも違って、台詞が入ります。やっぱりちょっと言わされてる感があるのが気になります。少なくともこの曲をカラオケで歌おうとしたらかなり恥ずかしい事になるはずです。

3位 サイレントマジョリティー

1枚目のシングルの表題曲です。
「何だかスゴイアイドルグループが出てきた」と世間にインパクトを与えた曲として功績が大きいですね。
深夜番組でこっそり応援していたファン達以外にも彼女達の名前を知った人も多いでしょうし、一気にファンも増えたんじゃないでしょうか。
そしてこの曲が成功した事で、彼女達の方向性が決まったとも言えます。

2位 W-KEYAKIZAKAの詩

4枚目のシングル「不協和音」に収録されてます。
現時点で「欅坂46」と「けやき坂46」が全員一緒に歌う唯一の曲です。なのでこのランキングに入れるのはどうかなぁ、とも思ったんですが、まぁ欅坂46も全員参加してるので良しとしましょう。
タイトルからしてメンバーとファンのための曲という印象ですね。去年初めて聴いた時はあまりピンと来なかったんですが、公開されたMVの映像とともに聴く事で一気に価値が高まった曲です。彼女達がどのような足跡を辿ってアイドル界という坂道を登ってきたのかが分かります。
今後この曲が彼女達のテーマ曲になっていくんでしょう。ライブで最後にファンと一緒に踊って歌う曲として定着すると思われます。

1位 二人セゾン

3枚目のシングルの表題曲です。
曲を聴いた第一印象は「え?突然この路線?」でした。表題曲のテーマがそれまでは「大人への反抗」だったのに、この曲は「恋愛」へと急転換してます。
でもまぁそれも納得というか、致し方ないというか、それくらい曲の出来が良いです。
最初は「大人は信じてくれない」を表題曲として、この「二人セゾン」をカップリングにする計画だったものの、「あまりにも良い曲が出来ちゃったからこっちを表題曲にしよう!」みたいになったのでは?
と、あくまで憶測ですが、そう勘繰ってしまうくらい良い曲です。ずいぶん聴いてますが全然飽きないです。
いずれにしても、一つのテーマでがんじがらめにならずに、こういう曲も出てきたというのは良い傾向だと思います。
ただ世間的には「サイレントマジョリティー」の知名度に全然追い付いてないでしょうし、既に「不協和音」も発表されてますので、このまま世間にはあまり知られないまま埋もれてしまいそうな気がします。実に勿体無いです。
でも彼女達の成長の速度を見てきた者としては、今後更にもっと良い曲をいっぱい世に送り出してくれるんじゃないかと期待してます!

というわけでいかがだったでしょうか。
まだシングルが4枚しか発売されてないので、10曲となるとほとんど全部ランクインみたいなカンジですね。
今後どんどんランキングの入れ替えが起こるくらい活発に活動し続けて欲しいです。

平手友梨奈さん以外のメンバーがセンターを務める日が来るのかどうかも興味深いですが……でもこのテーマと世界観の歌詞に最も影響を受けてるのは、若いファン層でも年配のファン層でも、他の誰でもなく平手さん自身なんじゃないかという気がするので、しばらくこのままで良いんじゃないかと思います。
彼女以上にこの世界観を表現出来るメンバーはきっと現時点で存在しないでしょう。

以上、欅坂46の好きな曲ランキング「漢字欅曲編」でした!

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 執筆日記, 欅坂46 ,