乃木坂46「生まれてから初めて見た夢」の新曲全曲レビュー&好きな曲ランキングTOP10

   

どうも公認会話士です。

以前乃木坂46の好きな曲を「選抜メンバー曲編」「アンダーメンバー曲編」「ユニット曲・ソロ曲編」と発表しましたが、それ以降も次々新曲が発表されてます。
特に先日3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」が発売された事で一気に新曲が増え、ランキングにも変動が見られそうな状況になってます。

とはいえ、せっかく書いた記事のランキングを書き換えるのもちょっと時間が掛かって面倒なので、ここはひとまず「3rdアルバムの好きな曲ランキング」を発表します!

「そっちの方が記事にするのに手間取るのでは」という指摘は受け付けませんのであしからず!

では早速発表していきましょう!
※(☆)はこのアルバムで初めて収録された新曲です。

スポンサーリンク

ad

10位・あの教室

Type-Bに収録されている、齋藤飛鳥さん、堀未央奈さんによるユニット曲です。
若くしてセンターを経験している二人による次世代の乃木坂46を担うデュエット、というカンジですね。乃木坂46には西野七瀬さんと白石麻衣さんのデュエット曲が何故か存在しないので、この二人のデュエットは逆に今後も続けていって欲しいです。ただ良いのか悪いのか、この二人は声質が結構似てます(ファンなら聞き分けはもちろん容易に出来ますが)。
卒業後に初恋の人とばったり会って話してみたらお互いに好き同士だった事が発覚したものの、もうその時みたいな気持ちにはなれない。という事を良い意味で淡々と冷めた様子で歌い上げる曲です。

9位・忘却と美学(☆)

通常盤に収録されている、秋元真夏さん、高山一実さんによるユニット曲です。
どうしてこの二人のデュエットが誕生したのかは分からないですが、何とも新鮮な組み合わせですね。自身のアイドル道のためなら噓や脚色も厭わない(褒め言葉です)秋元さんと、実直でそういうのが苦手そうな高山さん。歌唱力やリズム感が不安視される秋元さんと、実力派の高山さん。と、選抜メンバーの中で最も対極にいる二人、というコンセプトなんでしょうか?
まぁとにかく中世を舞台にしたアニメのオープニングで使われそうな曲で、今までの乃木坂では無かった曲調なのが良かったです。
せっかく誕生した興味深いデュエットなので、単発で終わらせずに今後も活動させて欲しいですね。

8位・醜い私(☆)

Type-Aに収録されている、衛藤美彩さん、斉藤優里さん、新内眞衣さんによるユニット曲です。
これまた新鮮なメンバーです。一応お姉さん組ってカンジなんでしょうか。三人の中では一応衛藤さんがセンターの扱いみたいで、それもたぶん初めてです。
切なく暗い曲調で、アルバム用に新たに作られたユニット曲の中では一番好きな曲です。
乃木坂メンバーが歌うと白々しく思える曲のタイトルですが、もちろん外見の事ではなく、生き様というか、そういう意味での醜さを歌った曲です(要するに不倫の歌です)。

7位・サヨナラの意味

全Typeに収録されてる15thシングルの表題曲ですね。
橋本奈々未さんが卒業・引退するという事で作られた曲ですが、それを抜きにしても良い曲です。
私もいても立ってもいられずにこの曲のMVを小説にしたんですが、瞬く間に拡散されまして、今では当ブログで最もアクセス数を稼ぐ記事になってしまいました。乃木坂ファン同士の間でも「小説版読んだ?」みたいに話題にしてもらっているのか、公開から半年以上経つ今でもかなりのアクセスがあります。
「本にして」という声もいただきましたが、流石にそれは許可なく出来ません。

関連記事:「サヨナラの意味」を本気で小説化してみた

6位・君が扇いでくれた(☆)

初回生産限定盤に収録されている、17thシングル発売時のアンダーメンバーによる曲です。
いかにもアンダー楽曲という暗い曲調で、最近何故かアンダーメンバーがラップを歌わされている事にモヤモヤしていた気分を払拭してくれました。今後はアンダーと3期生が合体するのかどうなのかは分からないですが、こういう曲調の曲を続けて欲しいものです。

5位・設定温度(☆)

初回生産限定盤に収録されている、全メンバーによる曲です。
ついに1期生2期生3期生が全員参加する初めての曲が発表されました!
とはいえ、特にその特徴を活かしているようには思えないカンジの曲です。お互いの価値観に温度差がある恋は、ちゃんと設定温度を合わせないと辛くなって終わってしまう。みたいな暗い曲です。良い曲は良い曲なんですが、この曲をメンバー全員で歌う初の曲として選んだ理由とは?
1期生、2期生、3期生にはまだまだそれぞれ温度差があるから自覚して欲しい、みたいなカンジなんでしょうか?まぁでもそれは仕方ないですよね。入ったばかりで全てが初体験の3期生と、今や押しも押されぬアイドル界のトップに君臨する1期生とでは見えている景色が違うのは当然です。
ちなみに私は1期生のメンバーの歌声は全員聞き分けられるんですが、2期生はまだまだ、3期生にいたっては全然分からないな、と思い知らされました。

4位・人生を考えたくなる

初回生産限定盤に収録されている、秋元真夏さん、桜井玲香さん、中田花奈さん、若月佑美さんによるユニット曲です。
今までずっと子供の若さと勢いで生きてきたものの、ふと冷静に立ち止まってみるといつの間にか大人になっていた、という多くの人が通る人生の不安と焦りのようなものを歌った曲です。
切ない曲調も良いですが、ちょうどその辺りの年齢に差し掛かった4人が歌っているのがまた良いですね。

3位・行くあてのない僕たち

通常盤に収録されている、伊藤万理華さん、井上小百合さんによるユニット曲です。
何かとコンビのように扱われる二人のデュエットですね。選抜・アンダー両方の経験が豊富、女優としての評価も高い、など、この二人には共通点が結構あります。
曲は暗くて良いカンジです。女子高生と駆け落ちするために衝動的に長距離バスに乗り込んでしまった男性の葛藤を歌ってます。

2位・当たり障りのない話

通常盤に収録されている、堀未央奈さん、生駒里奈さん、星野みなみさん、井上小百合さんによるユニット曲です。
卒業して別々の学校に通う事になった今でもまだ想いを寄せる初恋の人と地元でばったり会ったものの、緊張して恋愛に関する話なんてまるで出来なかった、という切ない曲です。
このメンバーが選ばれた理由は何となくピンと来ます。ズバリ、「声が可愛い四天王」でしょう(声が可愛いといえば中元日芽香さんもいますが、この曲の発表時は体調不良で活動休止中でした)。

1位・ないものねだり

Type-Bに収録されている、橋本奈々未さんのソロ曲です。
初めて聴いた時は卒業する橋本さんへの想い入れのせいで良い曲に聴こえるのかなぁ、と思ったりしたんですが、やっぱり何度聴いても良い曲です。
せっかく生まれた名曲なのに、発売と同時に歌い手が引退というのが何とも残念なわけですが……。結局橋本さんのソロ曲がこの1曲しか作られなかったのも残念ですね。
もっと前から橋本さんにこういうタイプのソロ曲をたくさん歌わせて欲しかったです。
まぁあれこれ言えば言うほどこの曲のタイトルのような状況に陥るわけですが……。

というわけで10曲紹介してきましたが、他にもアルバムに収録されてる新曲があるので、ざっと触れていきましょう。

スカイダイビング(全Type共通)

17th選抜メンバーの曲です。好きな人の心にスカイダイビング!みたいな前向きな曲です。
秋元康氏は夏をテーマにすると前向きで明るい曲になる傾向がありますが、夏が好きなんですかね?切ない夏の曲も増やして欲しいです。

思い出ファースト(初回生産限定盤)

3期生による曲です。乃木坂46がデビューしたての頃(「走れBicycle」あたりまで)の曲調を彷彿とさせます。やっぱり夏の元気な曲です。「スカイダイビング」もこの曲も、アイドルソングとしては悪くないんですけどね。でも同じ夏でも「設定温度」みたいな曲の方が私は好きです。
秋元氏は今年はいっそ夏バテした時にでも作詞してみたらどうでしょう。
ちなみにどれだけ聴いてもやっぱりどこを誰が歌っているのかさっぱり分かりません。とはいえ1期生の歌声も各メンバーが色んな曲でソロパートを歌ってきたからこそ聞き分けられるようになったわけなので、今後3期生もソロパートのあるユニット曲などを歌うようになってくれるまで待機するしかありません。

ごめんね、スムージー(Type-A)

井上小百合さん、伊藤万理華さん、中元日芽香さんによるユニット曲です。
好きな人とばったり会って会話してたらせっかく買ったスムージーが溶けちゃった!という王道のアイドルソングみたいな可愛らしい曲です。
伊藤さんが井上さんと中元さんに合わせて遜色ないくらい可愛い声で歌っているので、彼女の器用さと奥の深さを垣間見れます。

満月が消えた(Type-B)

生田絵梨花さん、生駒里奈さん、星野みなみさんによるユニット曲です。
古くからの乃木坂ファンのために用意された特別なプレゼントのようなユニット曲ですね。初期の乃木坂でフロントメンバーだったこの3人はセットで「生生星」と呼ばれます(読み方は人それぞれ。【いくいほし】が多数派)。
あの3人が5年経ってこんな挑戦的な曲も歌いこなせるようになりました、みたいな曲です。
だからといっていくらなんでも冒険し過ぎでは……みたいな曲調ですが、聴けば聴くほど味が出てくるようなカンジでしょうか。
せっかくだからこの3人でアルバムでも作って、もっと色んな曲を歌って欲しいです。

Rewindあの日(Type-A)

西野七瀬さん、桜井玲香さん、若月佑美さんによるユニット曲です。
「無口なライオン」の時の主要メンバーという事もあり、メンバーを見た時点で最も期待してたユニットなんですが、「振られても格好良い女」みたいな曲を歌わせようとしてちょっと失敗してる印象です。ここ最近の「インフルエンサー」や「Another Ghost」でも感じたんですが、もしかして西野さんを格好良く売り出そうとしてるんでしょうか?
もちろん彼女が今後どんどん自信を付けて堂々としてくればそれでも良いと思いますが、現時点ではどう見ても「守ってあげたくなる女の子」が西野さんの最大の魅力ですよ!

硬い殻のように抱きしめたい(Type-B)

齋藤飛鳥さんのソロ曲です。新曲の中で唯一のソロ曲ですね。
スローで結構高いキーの曲ですが難なく歌い上げてます。
1期生の中で最年少だったり、あまり喜怒哀楽を出さないタイプという事もあって、目立つポジションは苦手なのでは?とずっと運営に勘違いされていた感がある飛鳥さんですが、最近は何でも器用にこなす万能タイプという認識に変わったのかもしれません。
今後も実力で乃木坂を引っ張っていってください!

ワタボコリ(Type-B)

堀未央奈さん、北野日奈子さん、寺田蘭世さんによるユニット曲です。
17thで選抜入りした2期生によるユニットですね。2期生で唯一センターを経験している堀さんと合わせて、北野さんと寺田さんも今後は選抜メンバーの常連になりそうです。
自分はワタボコリのように軽い存在。ゴミにすらなれない。というせっかく選抜入りしたメンバーの曲とは思えないくらい暗い歌詞ですが、3人の声との相性は悪くないです。

流星ディスコティック(通常盤)

白石麻衣さん、松村沙友理さんによるユニット曲です。
この2人に橋本奈々未さんを加えた3人が「乃木坂の御三家」と呼ばれていたわけですが、「御三家は一人欠けたからといっておいそれと補充されたりしない神聖なもの」という宣言のようなデュエットですね。
今日は一人ぼっちだけど、夜空の星がとても綺麗だから問題ない、みたいなオシャレな曲です。白石さんはとにかくずっとオシャレな曲が多いんですが、たまにはとんでもないドロドロした曲も歌ってみて欲しいです。って、それこそ売り出し方を間違える事になるのかもしれないですが……。

というわけでいかがだったでしょうか。
公式にMVが公開されている動画しか載せてないのでほとんどどんな曲なのかさっぱり分からなかったと思いますが、気になる方はやはりアルバムを購入するのが手っ取り早いと思います。
「アルバム全種類揃えたらいくら掛かると思ってんだ!」と言われそうですが、私も1種類(初回生産限定盤)しか購入してません。
他のTypeに収録されてる新曲は全てAmazonの配信で1曲ずつ(257円)揃えました。シングルもアルバムも4~5種類ずつ発売される乃木坂46の曲を全て聴きたい人にとって最も安上がりな方法です。
↓ここから1曲ずつダウンロード出来ます↓

アルバムの全Type解説記事はこちら↓
関連記事:「生まれてから初めて見た夢」どのTypeを買うべきか

以上、乃木坂46の3rdアルバムのランキング&レビューでした!
公認会話士が出版した小説一覧はこちら

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 乃木坂46, 執筆日記 ,