味覚音痴は悪くない?味覚が敏感過ぎて起こってしまう弊害も存在する

   

ブログネタ:食べられるようになって大人だと思うもの

ミッキー
いまだにフライドポテト以外の味は分からないのか?
ミニー
まぁ、何かしら、突然、気持ち悪いわね。救いようの無い味覚音痴という事を決め付けられた状態で突然話しかけられるのが許される世の中だなんて知らなかったわ。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
ちょっと待ってくれ!ただ軽い気持ちで質問しただけだぞ!
ミニー
うるさいわね。人の不幸は密の味だとか、人が不幸になればなるほどエピソードとしては面白くなるとか、人間は永遠に他人の痛みを感じる事が出来ない生き物なのよ。って、私がフライドポテトしか食べない事がどうして他人を喜ばせる不幸なエピソードとして位置づけられなければならないのかしら。私にとっては多くの食材を創意工夫して趣向を凝らして調理しなければ食事に飽きてしまう人の方が不幸だと思うわ。フライドポテトに謝罪してちょうだい
ミッキー
……結局お前は自分で不幸だと思ってるわけじゃないんだな……まぁ僕もそんなつもりで話し掛けたわけじゃないから良いんだけど……
ミニー
何をごにょごにょ彼女が得意料理を作ってくれるというから期待していたら、リンゴやトマトが丸ごとお皿に置かれていたり、スーパーで買ってきた惣菜をお皿に移しただけだったりして、食べ物を自分の家のお皿に乗せる事が彼女にとっての料理の概念だと気付いてしまった男のようにつぶやいているのかしら、気持ち悪いわね。とにかく私はフライドポテト以外の味が分からなくて良かったと思っているわよ。残念だったわね
ミッキー
いや、他の料理に興味が無いならそれでも良いんだけど、でも何故かフライドポテトの味だけが分かるように、他にも色々食べてみたら何故か味が分かるものが見付かるかもしれないぞ
ミニー
ええ、そうね。大人になったら味覚が変わる、などと言われているものね。でもそれは生物にとって本来毒である苦味や辛味も食材によっては安全だという知識が身に付いたり、子供と比べて味覚が鈍感になったりする事が原因なのよ。だから元々味が分からない私が大人になって味が分かるようになるとは思えないわ
ミッキー
うーん、でも味覚にとって良い栄養素とかもあるみたいだし、まだ諦めない方が良いと思うぞ。聞いた話では、亜鉛とかが味覚を作るうえで良いらしいな
ミニー
引っぱたくわよ
ミッキー
何でだよ!お前がもっと食事を楽しめるようにと思って言ってるんだぞ!
ミニー
うるさいわね。【いつまで経っても大人の味が分からないお前の身体に鉛弾を撃ち込んでやる。人生の辛苦を嫌というほど味わって死ねば良いんだ】と言いたいんでしょう?どうして味が分からないだけで生きている価値が無いと言われなければならないのかしら、失礼な
ミッキー
そんな事誰も言ってないだろ!全く……試してみたら味覚だって鋭くなるかもしれないのに……
ミニー
しつこいわね。味覚なんて変わらなくても良いのよ。あなたに期待されたら大変だもの
ミッキー
いや、それはまぁ同じものを食べて一緒に美味しいと感じたら嬉しいだろうけど……
ミニー
違うわよ。あなたを嫌いになったら大変だもの、って言ったの。私の感覚は今のままで良いのよ。って、何を言わせるのかしら、みっともない
ミッキー
ううっ、そんな風に想ってくれるなんて凄く幸せだ……
ミニー
あらそう。好きも嫌いも分からないくらい鈍い感覚だから何とか付き合っていられる状態だものね
ミッキー
全く素直じゃない!

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー ,