お金と人間関係について:友達に貸したお金は返ってこなくて当たり前?

   

ブログネタ:友達にお金いくらまでなら貸せる?

ミッキー
友達からお金を貸して欲しいって言われたらどうすべきなんだろうな
ミニー
あら、何かしら、突然、気持ち悪いわね。中学時代のクラスメイトが突然友人のような顔をして接近して借金をせがんできたのかしら?残念だったわね。その人はもう切羽詰ってしまって、借金で首が回らない代わりに目が回ってしまって、あなたの事なんてどこの誰だかもほとんど把握していないと思うわ。1円玉が立っているようにしか見えていないでしょうね
ミッキー
1円?いくらなんでももうちょっと金額が多くても良いんじゃないのか?
ミニー
あらそう。ずいぶんプライドが高いのね。でも5円ではお金を借りに来た相手に銃で胸を打ち抜かれてしまったように見えるもの。借金を断っただけで逆恨みされて殺されるという身勝手極まりない救いようのない事件も後を絶たないものね。だからあなたがそうならないようにわざわざ1円にしてあげたのよ
ミッキー
気を使ってくれてるようにも聞こえるけど、結局僕は最大でも5円の価値しかないって事か……いくらなんでも酷いような気がする……
ミニー
うるさいわね。冗談じゃないの。1円玉を流通させるには1円以上のコストが掛かっていると言われているのよ。要するに中身よりも価値のある人と言っているのが分からないのかしら、失礼な
ミッキー
うっ、咄嗟にそんな深い理由で1円って言ってたのか……って、あれ?1円に1円以上掛かるのって、掛けたお金に見合わない価値しかない、って意味になっちゃうんじゃないのか?
ミニー
あら、1円のクセによく気付いたわね。まさか気付かれるなんて、やはり咄嗟では5円玉のように穴のある言い訳にしかならなかったかしら
ミッキー
全く……油断も隙も無いな。って、それは良いんだけど、昨日はテレビで【友人にお金を貸したら、それから連絡が取れなくなった】とかいう話を放送しててさ。そういうのって貸した人はショックだろうな
ミニー
そうかしら。お金を借りに来た時点でもうその人は友人ではないと思うわ。私には友人という概念がよく分からないけれど、でも対等な関係が友人関係として望ましい事くらいは分かるもの。債務者と債権者では全く対等にはなれないものね
ミッキー
なるほど。じゃぁまぁ貸すというより、あげるような気持ちで渡すのが良いかもな
ミニー
さぁ、どうかしらね。それをすぐに忘れられるなら良いでしょうけれど、基本的にはいつまでもお金をあげた事を覚えていたり、全く悪びれる様子が無い事が鼻に付いたりするんじゃないかしら。だからきっぱり断るか、お金を渡してもう二度と会わないようにしてすぐに忘れてしまうのが良いと思うわ。もちろん食事や飲み物を奢る程度の事はあるでしょうし、結局は金額によるのかしらね
ミッキー
そうかもしれないな。じゃぁお金の貸し借りの話題を出した時点でもう関係が終わっちゃうと思ってた方が良いわけだな。それも何だかお互いに薄情な気もするけど……
ミニー
あら、そうかしら。人間関係は一生の中で日々変化し続けるのよ。今まで親しかった人が今後もずっと親しいとは限らないし、以前は憎しみ合っていた人が親しくなったりもするでしょうね。その時その時に最適な人間関係を築けば良いのよ。あなただって小学や中学の時のクラスメイトなんてもうすっかり忘れてしまったでしょう?
ミッキー
まぁ忘れてはいないけど、付き合いのある人はいつの間にかいなくなっちゃったな
ミニー
ええ、そうでしょうね。あなたの事なんて卒業式の10分後には皆忘れてしまったでしょうから
ミッキー
こら!早過ぎるだろ!それくらいの時間だったらまだ全員教室にいたはずだぞ!
ミニー
あらそう。目の前でどんどんクラスメイトが自分の名前を忘れていくという体験をしたのね、可哀想に。よく人間不信にならなかったわね
ミッキー
……お前の言葉の方がよっぽど人間不信になりそうだぞ……全く。でもお前の考え方だと、僕達の関係もいつまでも続くとは限らないって事になっちゃうな
ミニー
まぁ、ここぞとばかりに私に別れようと言い出すつもりなのね、失礼な。もう二度と家には帰れないかもしれないから、私に別れを告げる前に電話で両親に別れの挨拶をした方が良いわよ
ミッキー
お前と別れるわけ無いだろ!お前の意見に則って例を出しただけじゃないか!っていうか僕は一体何をされるんだ!
ミニー
うるさいわね。全ての人間関係がどこかで終わると思ったら大間違いよ。何を考えているのかしら、腹立たしいわね
ミッキー
……突然さっきまでと考え方がガラッと変わったような……まぁ僕としては凄く嬉しいけど……ちなみに僕がお前からお金を借りようとしたらどうするんだ?
ミニー
あら、どうもこうも無いわよ。二人の終わりというものがやってくるでしょうね
ミッキー
うっ、流石のお前でもそこはそうなるか……いや、借りる事なんて無いけど、ちょっと悲しいな……
ミニー
違うわよ。二人のお金としてやっていくでしょうね、って言ったの。私のお金もあなたのお金も、それは私達二人のお金じゃないの、って、何を言わせるのかしら、みっともない
ミッキー
うううっ、そこまで言ってくれるなんて……僕も全く同じ気持ちだぞ
ミニー
あらそう。それなら今日あなたが持っている全財産をフライドポテトにしてしまいましょう
ミッキー
全く素直じゃない!

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー , ,