夢と現実は同じ物?重苦しい話題を簡単に軽くするテクニックとは

   

ブログネタ:夢の内容、覚えてる?

ミッキー
最近は何か夢って観たか?
ハイジ
すぴっ?それはもちろん観ているんだよ。夢のようなホントの話かも
ミッキー
へー、そっか。どんな夢を観たんだ?
ハイジ
んー?ミッキーが私に話し掛けて、私が質問に答えているんだよ。夢を観たかどうか訊かれたのがその質問の内容かも
ミッキー
え?それじゃちょうど今みたいな状況じゃないか。正夢ってヤツかもしれないぞ
ハイジ
んー?正に夢かも?正に現実かも?今みたいな状況も何も、ホントに今のこの状況の事を私は言っているんだよ!全く話が伝わりにくい相手との会話が始まってしまってまるで悪夢みたいかも
ミッキー
こら!今の僕達の状況が夢とか言われて分かるわけないだろ!
ハイジ
むむっ、でも夢だって現実だって全部同じようなものなんだよ。そこまで言うならどこがどう違うのか教えて欲しい次第かも
ミッキー
普通は寝てる時に観るのを夢って呼んだり、もしくは将来叶えたい願望とかを夢って呼んでるじゃないか。今僕達がこうして会話してるのは夢とは違うはずだぞ?
ハイジ
むむむ、でも夢も現実も脳が状況を確認して脳で情報を処理して体験しているから一緒なんだよ。という事はこの世には夢とか現実とかいう問題以前に、たった一つの世界しか存在していないのかも。そうなのかも?そうに違いないのかむにゃむにゃ
ミッキー
いや、まぁ自分で観て体験してる、って意味では同じかもしれないけど、夢ってのは想像の世界と同じようなものなんじゃないのかなぁ。例えば歩いたり走ったりしても実際に身体は動いてないわけだしさ。って、聞いてるか?
ハイジ
むにゃむにゃ。はっ!今私が観てきた世界には目の前にいるあなたはいなかったかも!という事は今目の前にいるこの人はどこの誰なのか謎なんだよ
ミッキー
こら!たった一つの世界しか存在しないかも、とか言ってたクセに完全に夢と現実が違う世界になっちゃってるじゃないか!
ハイジ
そういえば【謎】という言葉が【なぞなぞ】という言葉になると急に軽い言葉に変わってしまう、という法則を利用して、色々と重苦しい言葉を軽い言葉に変えてしまえば良いと思うんだよ。借金借金を抱え抱えしてるとか、逮捕逮捕で会社を解雇解雇になりましたとか、ミッキーミッキーと会話会話してますとか……
ミッキー
都合が悪いからって急に話題を変えるな!しかも僕との会話が重苦しいってどういう事なんだ!
ハイジ
ぴー!たかが夢の話でこんなに現実で追求されたら誰もが重苦しく感じて何も言いたくなくなってしまうに違いないんだよ!誰もが平和的に好き勝手に発言が出来る軽い世界が待ち遠しいかも。そうなのかも?そうに違いないのかも
ミッキー
何を言っても誰も怒らないような能天気な世界が出来たら平和になるかもしれないけどな、って、結局夢と現実は別物って事になっちゃってるけど、良いのか?
ハイジ
んー?今まで起こった事なんて実は全部夢かもしれないんだよ。私達が会話していたという状況を証明する事なんて出来なくて、証明出来ない以上は会話なんてしていなかった、と定義付けなければならないかも。二人が共通の記憶を持っている程度では証明するには不充分で、いよいよ過去の私達の姿を観るには四次元的なアプローチが必要なんだよ。ただそれに成功したとしても、その観てきたものが過去だったのかどうかの証明をしなければならなくて……
ミッキー
……言ってる傍からずいぶん重苦しい話をしてるな……
ハイジ
それなら【なぞなぞ】の法則を使うべきかも!正に夢のようなテクニックなんだよ。んー?んー?今まで今まで起こった起こった事なんて事なんて実は実は全部全部夢夢かもかも……
ミッキー
そんな調子で難しい話をされたら全く頭に入ってこないぞ!

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ハイジ , ,