【食レポ】日本橋人形町明治座付近のハンバーガーショップ「ブラザーズ BROZERS'」の感想

   

どうも公認会話士です。

先日明治座で舞台を観てきたついでに、気になってたハンバーガーショップで食事してきました。
その名は「ブラザーズ BROZERS'」です。

スポンサーリンク

ad

ブラザーズとは

BROZERS'は当時では珍しい「グルメバーガー専門店」として、平成12年7月に日本橋人形町にて創業しました。

創業者が22歳の時に、オーストラリアのシドニー郊外のグリーブという町にある「ARCHIE'S」での修行を経て、
このテイストと雰囲気を日本でも広めたいと思ったのがきっかけです。

兄弟で始めたからブラザーズ。
BROTHERSではなく、BROZERS'なのは、アルファベットの最後の文字「Z」に「最後までやり通す」という気持ちを込めています。

ハンバーガーはアメリカを代表する料理と言っても過言ではありません。
ハンバーガーには、人を喜ばせたり、楽しませたり、ワクワクさせたりするパワーがあります。
それはアメリカが持つ「自由」な感覚や「遊び心」のある文化を象徴しているように思えます。

そんな魅力を持つハンバーガーに、日本独特の文化でもある、ものづくりに対する姿勢や真剣さ、職人技を融合させました。
「細部にこだわり、かつ大胆に作る」 それがブラザーズのハンバーガーです。

創業の地を人形町に選んだのもそういうところからです。
日本橋人形町の街には創業100年を越える老舗の飲食店や会社が多くあります。
職人と伝統を感じられる人形町に見合う、グルメバーガーの老舗を目指しています。

一つ一つのハンバーガーに魂を込める”PUT YOUR SPIRIT”を合言葉に。
「今まで作ってきた中で最高の一個」を追求していく姿勢を大切にしています。
ホームページより)

というわけで、アメリカではなくオーストラリア発祥のハンバーガーというのが珍しいですね。

お店は日本橋や銀座周辺に3店舗あります。
他にもデリバリー専門店やテイクアウト専門店もあるようです。

私が行ったのは明治座から歩いて数分の人形町本店です。

ランチタイムは各曜日限定のお得なメニューがあるようで、木曜日はテリヤキバーガーが通常料金より少し安くなってました。
というわけで迷わず注文。

数分後にテーブルにやってきたハンバーガーはとんでもない分厚さ!
テーブルにはナイフとフォークが置かれてますが、それはそれで食べづらい気がしたので却下。
他にはモスバーガーが使っているのと同じようなハンバーガー用の包み紙があったので、それに包んで手づかみで食べる事に。
他のお客を見てみると、やっぱり皆同じように食べてました。

何とか大口を開けてかぶりつきたくなりますが、過去にクアアイナで唇が裂けた経験があるので、無茶はしません。
無事に唇は裂けなかったですが、顎が外れそうになりました。

味は他のハンバーガーショップよりも濃厚なテリヤキソースですが、バンズも結構香ばしく焼いてあるので、濃いソースに負けてません。
レタスもたっぷり、トマトも入っていて、濃厚だけどくどくなくて食べやすいです。

朝から何も食べてない状態だったら頑張ってもう1個食べれたかもしれないですが、この日に明治座で観た「サザエさん」の舞台が長過ぎて休憩時間にどら焼きを食べてしまった後だったので、今回はテリヤキバーガーだけにしておきました。

何を食べてもたぶん1000円以上は覚悟しなければならないですが、値段に見合った満足感は得られるんじゃないかと思います。
ランチタイムがもう一声安ければ更に申し分ないとは思いますが。

というわけで、以上「ブラザーズ」の感想でした!
公認会話士が出版した小説一覧はこちら

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 執筆日記, 食レポ ,