朝起きて性別が入れ替わっていても別に何も変わらないかもしれない理由

   

ブログネタ:朝起きたら性別が入れ替わっていた。なにする?

ミッキー
朝起きたら性別が入れ替わってたとかいう定番の物語があるな
ミニー
あらそう。それが定番だなんて初めて知ったわ。でも定番と呼ばれるからにはそういうケースを実際に体験した人が物凄くたくさんいるからなんでしょうね。それなのに私が体験した事が無いのはほとんど眠らないのが理由なのかしら。とにかく早くあなたの体験談を聞かせてちょうだい
ミッキー
いや、僕も経験した事なんて無いぞ
ミニー
まぁ、私が経験した事が無い事があったらあなたが率先して経験しておくのがあなたの存在意義じゃないの。何をのんびりこんなところで男子の制服なんて着込んで座っているのかしら。あら、でも女性になった事は皆に隠して生活していきたいと思っているなら服を変えない方が良いのかもしれないわね。それにしても女性になってしまった事を私にまで隠していたなんて失礼な。同じ性別になった途端にもう付き合い方を変えようと思っているのね。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
何を言ってるんだ!女性になんてなった事が無いって言ってるじゃないか!
ミニー
うるさいわね。言葉だけでは本当にあなたが男性かどうかなんて分からないじゃないの。あなたが男性のままだとしたらどうしてこんな話を始めたのかしら?まさか私が男性になった事を必死に隠していると思っているんじゃないでしょうね。そんな疑いを掛けただけで私が服を脱いでみせると思ったら大間違いよ
ミッキー
いや、ただの話題として言ってるだけなんだけど……僕達は経験した事しか話しちゃいけないのか?
ミニー
あら、そんな事は無いわよ。そんな事を言っていたらフライドポテトを食べた話以外は何一つ出来なくなってしまうじゃないの。何を考えているのかしら
ミッキー
他にももっと色々と経験しながら生活してると思うけどな……と、とにかく想像で良いから話してくれないか。定番の経験じゃなくて、定番の想像として話してるわけだからな。もし朝起きて性別が変わってたらどうする?
ミニー
さぁ、どうかしらね。別に何も変わらないんじゃないかしら。そのまま生活するだけよ
ミッキー
え、でも。僕達は男同士になっちゃうぞ
ミニー
ええ、そうね。それがどうかしたのかしら
ミッキー
いや、恋人として付き合ううえでは性別が変わっちゃうのは結構大きな問題だと思うんだけど……
ミニー
あらそう。あなたにとって私の最大の魅力は女性であるという点だったのね。そんなに女性が好きならあなたも女性になれば良いじゃないの。何をこんなところで男子の制服を着込んでのんびり座っているのかしら
ミッキー
それじゃ二人とも女性になっちゃうぞ!って、僕が女性になってお前が男性になるって意味か?お前はそれでも良いのか?
ミニー
うるさいわね。良いも悪いもあなたがどうなろうと私には関係が無いもの
ミッキー
こら!僕に全く興味が無いみたいじゃないか!いくらなんでも酷いぞ!
ミニー
うるさいわね。あなたがどんな状態になろうと私の想いには関係が無いと言っているのよ。って、何を言わせるのかしら、みっともない
ミッキー
ううっ、僕という存在そのものを好きでいてくれるんだな……僕も同じ想いだぞ。この先何があってもお前への想いは変わらないぞ
ミニー
あらそう。それなら女性になるのに何も問題は無いじゃないの。いつまでのんびり男子の制服を着込んで座っているのかしら
ミッキー
理由も無く女性になっちゃっても構わない、って言ってるわけじゃないぞ!

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー , ,