【会話ブログ】 ミッキー+ミニー

家にコタツがあるかないかで人間関係に影響が出てしまう?

投稿日:

ブログネタ:こたつ好き?

ミッキー
今度の週末辺り、いよいよこたつを出そうかな
ミニー
あらそう。いつもいつもつまらない事ばかりして、いっそ何もしない方が遥かにマシなあなたとしては珍しくまともな行動ね
ミッキー
そ、そうか?こたつくらいでそんなに感心されるのも変なカンジだけど……っていうか普段の僕はそんな風に思われてたのか……
ミニー
ええ、そうね。普段は自分勝手で身勝手で、もう勝手にすれば良いじゃない、としか思えないような事ばかりだけれど、今回の行動に関しては確実に私のためにしている事だものね。私のためにあなたが何かをした事なんて過去にあったかしら
ミッキー
結構色々としてると思うぞ!っていうかこたつがどうしてお前のためにしてる事なのか僕にはいまいちよく分からないんだけど……こたつが好きだから僕の家に遊びに来るとか、そういう理由か?
ミニー
あら、それはどういう意味なのかしら。こたつが大好きなのに両親からこたつを提供されないという虐待を15年間続けられた不幸な娘とでも思っているのね、失礼な。私の家にこたつが無いのが事実だとしても、それで可哀想だと同情されるなんて全く想像を絶する展開ね。自分が当然と思っていた価値観を真っ向から否定する価値観を持つ人が現れると、今までの全てが本当は全く正しくなかったんじゃないかと考えてしまうわ。とても不快で不気味な感覚ね。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
こたつが無い家なんていくらでもあると思うぞ!それにエアコンとかファンヒーターとかストーブとか、暖房器具にも色々あるじゃないか。その家の生活に合った物を選択すれば良いんじゃないかな
ミニー
まぁ、直前のコメントで釘を刺したにも関わらず、もう真っ向から私の育った価値観を否定するつもりなのね。それとも今のこの発言の方が時間軸としては先なのかしら?あなたのように時空を超越した四次元的な思考を持つ存在と会話するのは大変ね、こたつが四角形だから張り切ってしまったのかしら。でもこたつの中の空間が何となく異世界に繋がっているような感覚は否定出来ないわね。こたつの赤外線を浴びる事で、太陽みたいな恐れ多い存在に近付いたと人体が錯覚するからに違いないわ
ミッキー
何を言ってるのかよく分からないぞ!お互いの常識が噛み合わないと不安になる、ってのは分かったけど……
ミニー
あらそう。そこはよく理解出来たわね。ついに脳が温まってきたのかしら。でもいくら私が価値観の話をしたからといって、頭からこたつに入って脳を温めるなんて中々理解は出来ないわよ。本当にあなたのような人と一緒にいて大丈夫なのかしら。また不安になってきてしまったじゃないの
ミッキー
……今回は特に言ってる事が理解しづらいな……価値観じゃなくて、ただの勘違いって可能性もあるんじゃないのか?
ミニー
うるさいわね。確実に勘違いじゃないコメントをしていたわよ。私の部屋には暖房器具なんて無いもの
ミッキー
ううっ、なるほど……確かに暖房器具があるのが当たり前みたいな事を言ってしまった……ごめん
ミニー
あら、どうして謝るのかしら。そこで謝られると私が確実に暖房器具の無い冬を送らなければならないみたいじゃないの、失礼な
ミッキー
そんな事言われても……僕にはお前の家庭の事情まではどうにも出来ないかもしれないぞ
ミニー
うるさいわね。あなたの部屋のこたつに入りに行くから問題無いわ。耐えて使うわよ
ミッキー
なるほど。ここで僕のこたつがお前のため、って話に繋がるわけか。入りに来るのは全く構わないけど……耐えて使うってどういう事だ?散々失礼な事を言った僕のこたつじゃ嫌って言いたいのか?
ミニー
違うわよ。屋根で使うわよ、って言ったの。私のためにこたつを屋根に出しておいてくれるんでしょう?そこまでするならちゃんとコンセントも繋いでおいてちょうだい。これで毎晩の盗聴がとても快適になるわ
ミッキー
屋根にこたつなんて出してたら近所でウワサされるぞ!っていうか僕はどうやってそのこたつを使うんだよ!

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

[PR]コロナ疲れ解消

-【会話ブログ】, ミッキー+ミニー
-, ,

Copyright© 電子小説家・公認会話士のサイト/無料会話ブログ&恋愛小説 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.