マクドナルドで一番好きなメニューの話をすると恋人に愛想をつかされる恐れアリ

   

ブログネタ:好きなマックのメニュー

ミッキー
ファストフードって意外と新製品がたくさん出るよな
ミニー
あらそう。残念だったわね
ミッキー
いや、残念かどうかは分からないけど、どうしてそう思うんだ?
ミニー
あら、新しい商品が誕生すると、代わりに今までの商品が一つ無くなるというのが基本的な流れじゃないの。それとも新製品だけがどんどん増え続けるお店があるのかしら?客席がどんどん狭くなって、店舗の土地がほとんど倉庫になってしまうんじゃないかしら。メニューも写真が無くなって小さな文字だけになって、注文する前に色々なハンバーガーを思い出して想像しているうちにお腹がいっぱいになってしまうに違いないわ
ミッキー
いや、無くなるメニューもあるけど、基本となる売れ筋のメニューは変わらずに、他は期間限定商品をどんどん入れ替えていく、ってカンジだと思うぞ
ミニー
あらそう。残念だったわね
ミッキー
だから残念の理由がよく分からないぞ。どうしてそう思うんだ?
ミニー
あら、だって期間限定とか数量限定になると、もし気に入ったとしてもすぐに無くなってしまうじゃないの。例えば一ヶ月間限定で公演されるサーカス団がやってきたところ、その町ではとても好評で連日満員で、惜しまれつつ一ヶ月を終えたものの、何故かテントをそのまま残して行ってしまって皆が不思議に思っていたら、数日後にまた一ヶ月限定公演をしに戻ってきたようなものよ
ミッキー
言いたい事と例えが逆のような気がするんだけど……
ミニー
うるさいわね。とにかく気に入ってもいつか無くなってしまう事を考えると、販売されている間に飽きてしまうくらいたくさん食べ続けるしかないのかしら?
ミッキー
うーん、まぁそこまで気に入るような商品が出てきたら無くなるのは残念に思うかもしれないけど、でもまた新しい商品を食べたら前のはもうどうでもよくなっちゃうんじゃないか?
ミニー
あらそう。気に入って好物になった品物であっても、いざ無くなって次の品が登場したらもうすっかり忘れてしまうような人間性なのね。もし私が風邪で一日休んだら次の日にはただのウィルスを見るような目で見てくるに違いないわ。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
ちょっと待った!お前の代わりなんて世界中探したっているわけないだろ!僕はお前の事だけが好きなんだぞ!
ミニー
……うるさいわね。結局どちらがあなたの本性なのか全く分からないじゃないの。私が期間限定だったらどうするつもりなのかしら。あなたの論理では次の新商品で満足するしか方法が無いわよ
ミッキー
いや、お前とハンバーガーを一緒にされても困るけど……お前はフライドポテトみたいに常にいてくれる存在だと信じてるぞ
ミニー
あらそう。自分を安売りしてどんなハンバーガーとも一緒になって、誰彼構わず付き合う節操の無い女だと思っているのね。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
ちょっと待ってくれって!やっぱり食べ物とお前を一緒に考えるのは無理があるぞ!僕にとって唯一の存在なんだから他のものには当てはまらないぞ!お前は僕の事だけを好きでいてくれてるって信じてるしな
ミニー
……うるさいわね。冗談に決まってるじゃないの。それで結局何が言いたいのかしら?もう3人前くらいフライドポテトを食べてしまったからこれ以上食べられないわよ
ミッキー
え?どういう事だ?もう会話に満足しちゃったカンジなのか?何かほとんど話したい事を話してない印象なんだけどな
ミニー
あら、そうかしら。私しか食べていなかったかしら?それなら何が食べたいのか早く言えば良いじゃないの
ミッキー
う、うん、えーと、今まででどのメニューが一番好きだったかな、って話なんだけど、僕は何だかんだで定番のテリヤキバーガーとかが好きかもしれないな
ミニー
………………
ミッキー
……えーと、という話をしたかったんだけど……
ミニー
……あらそう。そんな話で満足なのね。少しは何か美味しいものでも食べさせてあげようと思ったけれど、辞めにしておくわ
ミッキー
え?何の事を言ってるんだ?

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー , ,