夢を観ている自分の意識が混在する状態は果たして夢なのか現実なのか?

      2018/05/13

ブログネタ:夢のなかでこれは夢だと自覚したことある?

ミッキー
なぁ、お前も夢を観たりするのか?
ミニー
まぁ、何かしら、突然、気持ち悪いわね。まだまだ生きていくつもりの私がどうしてそんな事を訊かれなければならないのかしら、失礼な
ミッキー
え?何を言ってるんだ?
ミニー
うるさいわね。【どう見ても夢も希望も将来性も無い、未来も人間性も性格も真っ暗なお前だけど、一人前に夢を持ってたりするのか?そんな無謀で無駄で無理で無茶な夢想に夢中になっていないでとっとと捨ててしまえ胸糞悪い】と言いたいんでしょう?どんな夢も希望も裏切られるためだけにしか存在しないような、不幸の塊みたいな彼女で悪かったわね
ミッキー
そんな事思うわけないだろ!僕にとってお前は幸せでしかないぞ!僕は寝た時に観る夢の話をしてるだけだ
ミニー
うるさいわね。あなたの言っている夢だけが夢だと思ったら大間違いよ。例えば将来有望で周囲がスーパースターになる事を期待して夢見たサッカー少年がいるのよ。ところが彼は高校生になった途端に勉強に目覚めてしまうわ。特に運動力学について興味を示して、人間の筋肉や関節がどのように運動神経に作用するのかを研究するのよ。自らの肉体を酷使して色々調べるのが最も効率が良い事に気付いて、彼は再び厳しいトレーニングを始めるわ。そしてサッカー選手として世界で有数のスーパースターになるのよ
ミッキー
何か例えが合ってるような合ってないような……っていうかとにかくそういう将来の夢じゃなくて、寝てる時の……
ミニー
うるさいわね。眠っている時の夢だけが夢だと思ったら大間違いだと言ってるじゃないの。例えば毎日同じ夢を観ている人がいるのよ。彼は毎日何かに追われていて、一晩中港の倉庫地帯を逃げ続けるわ。目が覚めるところも毎日同じで、何者かに追いつかれて腕を掴まれたところで目が覚めるのよ。最初は夢が持つ意味について恐怖心を抱いていた彼だけれど、毎日観続けるうちにすっかりその夢に慣れてしまうわ。しまいには目覚まし代わりに夢を使うようになってしまって、何回眠ってもぴったり同じ時間で起きられる男としてギネスに認定されるのよ。まるで夢のような夢の話ね
ミッキー
……いや、そんな上手い話をされても困るけど……とにかく夢を観るのかどうか訊いてるだけなんだけどな
ミニー
うるさいわね。それはそれは色々観るわよ
ミッキー
へー、そっか。お前みたいにあんまり寝ない人は夢をほとんど観ないのかと思ってたよ。それなら例えば夢なのに夢だって気付くような事ってあるのか?
ミニー
あら、それはどういう事かしら
ミッキー
え?そうだなぁ、夢を観てるんだけど、その夢の中の自分とは別に、夢を観てる自分の意識もある状態と言うか……僕はそういう夢を観る時があるんだ
ミニー
あらそう。それはそれは色々な夢を観るけれど、あれはそういう事だったのね。ようやく納得出来たわ。何をしているのかずっと不思議だったのよ
ミッキー
ふーん。そういう状態にはなった事があるのに、よく状況が理解出来てなかったのか?何だかお前らしくないな
ミニー
違うわよ。何を言っているのかずっと不思議だったのよ、って言ったの。今まさに夢を観ているクセに【ああ、これは夢か】とか言っているから頭がおかしくなったのかと思っていたわ
ミッキー
……何か嫌な予感がするけど……お前の話だよな?色々な夢を観るって言ってたし……
ミニー
ええ、そうね。私の話よ。【まずい、ミニー、早く逃げろ】とか【ミニー助けてくれ】とか【ミニーは僕のものだ】とか【ミニーが大好きだ】とぁ【ミニーがいないと生きていけない】とか、それはそれは色々な私の夢を観ているところを私は見ているわよ。ずいぶんバリエーションが豊富で毎晩楽しそうね
ミッキー
やっぱり僕の寝言の話か!っていうかどこで僕が寝てるところを見てるんだお前は!
ミニー
うるさいわね。あなたが私を観ている時間くらいは私もあなたを観る権利があると思うわ
ミッキー
いや、夢と現実を比べられても……何だかこの話が夢のような気分になってきた

続く
公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー , ,