コンビニがもっと便利になるために増やして欲しいサービスについて考えてみた

   

ブログネタ:1番近いコンビニまで何キロ?何メートル?

ミッキー
コンビニってやっぱり近くにあってこそコンビニだよな
ミニー
あらそう。残念だったわね
ミッキー
え?何が?近くにある方が便利で良いじゃないか
ミニー
あらそう。残念だったわね
ミッキー
いや、残念な理由が分からないぞ。どうしてそう思うんだ?
ミニー
あら、どうして理由が分からないのかしら。あなたの家からコンビニまでとても遠いじゃないの
ミッキー
うーん、そこまで遠くないと思うけど……歩いて3分くらいだぞ?
ミニー
あらそう。残念だったわね
ミッキー
うっ、そりゃ斜め前にコンビニがあるお前の家と比べたら遠いかもしれないけど……でも駅前だから登校や下校のついでに寄れるし、悪くないと思うぞ
ミニー
あらそう。残念だったわね
ミッキー
だから残念じゃないって言ってるじゃないか!どうしてそうなるんだ!
ミニー
うるさいわね。近いのはその一軒で、他のコンビニは遠くにあるじゃないの。せっかくたくさんコンビニがあって、それぞれが独自の商品展開をしているのに一つのお店に偏ってしまうなんて残念だと思うわ。どうせいつも同じ店にしか行っていないんでしょう?
ミッキー
まぁ同じ店ばかりだな。でも別にそこまでコンビニの独自色に対してこだわりがあるわけじゃないし……そんなにコンビニによって大きな差があるもんなのか?
ミニー
知らないわよそんなの。あなたに訊いているんじゃないの。私をコンビニみたいな便利屋だと思わないでちょうだい。私はただの弁理屋よ
ミッキー
……会話だと漢字が分からないから何を言ってるのかよく分からないけど……それにいつの間に僕が質問される側になってたんだ……
ミニー
何をごにょごにょお弁当を温めるかどうか訊かれて温めてもらっていたところ、どう考えても店員が袋を一つしか準備していなくて、これは一緒に買ったアイスも同じ袋に入れられるというありがちな不幸話になるんじゃないかと予想していたら、店員が突然アイスの袋を破って【一緒に入れると溶けちゃうからこっちは食べながら帰ってください】とか言いながら口に突っ込んできて、食後に食べようと思ったアイスを食べながら帰るハメになった男のようにつぶやいているのかしら、気持ち悪いわね。それで結局今日は何を話したいのかしら?話題を軌道修正してくれるコンビニエンスな機能が不足していて何が何だかさっぱり分からないわ
ミッキー
いや、だからまぁコンビニは近い方が良いよな、って話をしようと思ったんだけど、お前は別にそうは思わないみたいだな
ミニー
ええ、そうね。そもそもほとんど行かないもの。そういう人のためにネットの通販などもあるみたいだけれど、コンビニを名乗るならもっと便利になって欲しいわね
ミッキー
なるほど。じゃぁ家から何分じゃなくて、いっそ訪問販売するとか?でも数百とか数千種類の品物を準備するとしたら大変だろうな
ミニー
違うわよ。欲しいものや必要なものが不足したら勝手に増えて補充されているのよ。そうなったら便利でしょうね
ミッキー
……それってちゃんとお金は振り込まれるんだろうな?そうじゃないと店としては大損だぞ
ミニー
あら、そこまで出来るようになればお金だってどんどん増やせ……
ミッキー
こら!偽札は犯罪だぞ!
ミニー
うるさいわね。とにかく私みたいな人が行きたくなるような店になって欲しいわね。毎回同じようなものを購入するあなたが店員に【ツナマヨ夫】とか【餅きんちゃ君】とか【肉MAN】とか陰であだ名を付けられるみたいに、私も【フライドポテ子】とか呼ばれてみたいわ
ミッキー
それって嬉しいのか……?じゃなくて、僕ってコンビニの店員にそんな風に呼ばれてるのか?いや、そうだとしてもお前が知ってるわけがないか……でも確かに僕がコンビニでよく買う品物って気がするし……
ミニー
あら、何を混乱しているのかしら。コンビニと名乗っているんだから、これくらいの便利は現時点でも備わっているわよ。近くにある事だけがコンビニだと思ったら大間違いよ
ミッキー
そんな事を言うとホントに店員がお前に情報を流してるみたいじゃないか!……何か今後は行きづらいな……近くなのに凄く遠くなった気分だ……

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー ,