願い事を短冊に書くのは間違い?七夕の正しい風習とは

   

ブログネタ:七夕の短冊、3枚もらったら何を書く?

ミッキー
今日は七夕だな
ミニー
ええ、そうね。例えあなたが未来人でも過去人でも、今のこの時間は七夕としか言いようが無いと思うわ
ミッキー
そ、そりゃそうだけど。何か願い事ってあるか?
ミニー
あら、どういう事かしら
ミッキー
一応短冊に願い事を書くのが昔からのならわしじゃないか
ミニー
願い事というか目標でしょう?織姫はその名の通り、織物の達人なのよ。だから織姫にあやかって織物や読み、書き、そろばんなど、習い事の上達を願掛けするのよ。とはいえ神様も織姫も、ましてや彦星もその願いは叶えてくれないけれど。未来の自分へ誓って宣言するだけだもの。要するにただの決意表明みたいなものね
ミッキー
へー、元々はそうなのか。それがいつの間にか色々な願い事に形が変わったわけだな
ミニー
そうね。そもそも織姫なんて年に1度の恋人と会える日の到来で前後不覚じゃないの。そんな破廉恥な逢引きにうつつを抜かしている色ボケが他人の願いなんて聞いているはずがないわ。そんな簡単な事がどうして分からないのかしら
ミッキー
そ、それは真実かもしれないけど、ちょっと言い過ぎじゃないのか……
ミニー
あら、そうかしら。どうせ聞いていないから大丈夫よ。もし聞かれて罰が当たってもせいぜい歌が下手になる程度じゃないかしら
ミッキー
……今より下手になったらどうなるんだろう……いや、何でもない……
ミニー
うるさいわね。聞こえているわよ、失礼な。音痴は繊細な小さな音が何も聞こえないのが理由だと思ったら大間違いよ。それより今日は何を話したいのかしら?一気に多くの願い事を聞いてしまった神様のように会話が混乱してしまって何が何だかさっぱり分からないわ
ミッキー
いや、だからまぁ願い事でも訊こうと思ったんだけど……あくまで習い事とかに限定せずに、何か願い事ってあるか?
ミニー
そうね。人間が安易に神様に願い事をする風潮が今年で終わりますように……
ミッキー
こら!七夕や初詣を楽しみにしてる人だってたくさんいるんだぞ!お前だって何か願った事くらいあるんじゃないのか?
ミニー
うるさいわね。あなたが楽しみにしている事を他の人も楽しみにしていると思ったら大間違いよ。私が通った小学校では毎年願い事を短冊に書いて笹にくくりつけていたのよ。普段は私なんて全くその場にいないような扱いのクセに、周囲のクラスメイトはそういう時だけ私が何を願うのかチラチラ手元を覗き見たりしていたわ、腹立たしい。きっと私が【友達が欲しい】とか【皆と話せるようになりたい】と書くと思って期待しているのよ。いざそんな事を書いたら即座に短冊を取り上げられてクラス中の笑い者になっていたでしょうね。結局何を書いても周囲の好奇心を無闇に刺激するだけだと分かっていたから、私の短冊は6年間ずっと白紙だったわ。大人が子供を閉じ込めるために作ったくだらない校舎という狭い建物の中でだけ展開される人間関係の輪も全て白紙にしたいと願いつつ、私の名前だけが書かれた短冊を誰よりもきつく笹に縛り付けたものよ
ミッキー
……ご、ごめん……何だか軽い気持ちで訊いたりして……でも今は友達も出来たし、僕とも毎日話してるじゃないか
ミニー
ええ、そうね。さっき言った通り七夕は願いを叶えるのが目的ではないし、結局私の願いは叶ったのか叶っていないのかよく分からないわね。せっかく全て白紙になったと思いきや、白くなった私の心の紙に勝手に色々書き込もうとする失礼な人間が現れてしまったもの。消すよりも早く大量に書き込まれてしまって、もう今では何をどうやっても白紙には戻せないわ、腹立たしいわね
ミッキー
僕の事なのかそれは……?でも僕はお前と出会えてとても幸せだぞ。お前がどう思うかは分からないけど、お前のいない人生なんて僕は考えられないな
ミニー
……うるさいわね。あなたの想いがあなただけの想いだと思ったら大間違いよ。って、何を言わせるのかしら、みっともない。とにかく何か願いがあるなら早く発表すれば良いじゃないの
ミッキー
え、僕?そうだなぁ。ずっとお前と一緒に楽しく過ごしたいかな
ミニー
引っぱたくわよ
ミッキー
何でだよ!今の願いで怒られたらかなりショックだぞ!
ミニー
うるさいわね。冗談ばかり言っていないで早く本当の願いを言えば良いのよ
ミッキー
いや、真剣なんだけど……お前とずっと一緒にいたいって願っちゃダメなのか?
ミニー
うるさいわね。願っても願わなくても結果が全く同じ願いなんて冗談にしか聞こえな……って、何を言わせるのかしら。早く他の願いを発表してちょうだい
ミッキー
うっ、うーん、じゃぁさっきより少し僕の意志を加えて、僕の手でお前を幸せにしたいな
ミニー
……あらそう。それはどういう事かしら
ミッキー
え?どうもこうも、そのままの意味だけど。例え苦労しても、嫌な事があったとしても、お前の幸せのためなら僕は何でも耐えられるぞ
ミニー
あらそう。でも残念ながらその願いは叶わないわね。私は不幸だもの
ミッキー
ううっ、そんな……僕と一緒にいても幸せにはなれないのか?
ミニー
……違うわよ。私が不幸だもの、って言ったの。私の幸せのためにあなたが苦労したり嫌な想いをしたり、それのどこが幸せなのかしら、腹立たしいわね
ミッキー
うううっ、そ、そういう意味か……ありがとう。凄く嬉しいぞ。でも僕はやっぱりお前には苦労とか嫌な想いは絶対にさせたくないな。ちなみにお前の願いは何なんだ?
ミニー
さぁ、どうかしらね。もう叶わないからどうでも良いわ
ミッキー
え?そうなのか?もう時間的に手遅れとか?
ミニー
うるさいわね。あなたの願いが叶わない理由をもう忘れてしまったのかしら

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー , ,