苦手な食べ物は実は一度も食べた事が無いのが理由だった?

   

ブログネタ:どうしても食べられる(飲める)ようになりたいもの

ミッキー
今は苦手だけど食べられるようになりたいものって何かあるかな
ミニー
あら、何かしら、突然。私はフライドポテトね
ミッキー
えっ?フライドポテト以外の事か?
ミニー
あら、どうしてそうなるのかしら。フライドポテトと言っているじゃないの
ミッキー
いや、フライドポテトは大好物じゃないか。苦手だけど食べてみたい食べものを訊いてるんだぞ
ミニー
しつこいわね。フライドポテトと言っているじゃないの
ミッキー
だからそれは食べられるどころか唯一味が分かるお前の大好物じゃないか!ちゃんと答えてくれ!
ミニー
うるさいわね。まだ私が食べていないフライドポテトが世界中に恐らく数億食分以上残っているじゃないの。きっと苦々しい想いをしながら私の到着を待ち侘びているに違いないわ。苦々しい側のフライドポテトだから苦手という事ね。更に私が手にしていないから不得手とも言えるんじゃないかしら。そして既に私の家の冷凍庫で眠っているフライドポテト達は得手という事になるわ
ミッキー
いや、それじゃどんな好物もほとんど苦手だらけになるぞ。あくまでフライドポテト以外で食べられるようになりたいものってあるのか?
ミニー
うるさいわね。基本的に食べようと思えば何でも食べられるわよ。って、引っぱたくわよ
ミッキー
何でだよ!何でも食べられるのは悪い事じゃないぞ!
ミニー
うるさいわね。どうせ【毒を食べてもピンピンしている、内臓に更に強力な猛毒を持ち合わせている服毒ならぬ腹毒のようなフグ女】って言いたいんでしょう?あなたの事は何でもお見通しよ
ミッキー
そんなわけの分からない事を考えるわけないだろ!
ミニー
うるさいわね。冗談に決まってるじゃないの。とにかく先程言った通り私は何でも食べられるわよ。ただほとんど味を感じないだけだもの。だから食べられるようになりたい、というよりは味を感じてみたいわね
ミッキー
なるほど。一度病院で見てもらったりすると味を感じない理由とかが分かるかもしれないけどな
ミニー
嫌よ。どうして知りもしない人に舌や口の中を細胞レベルでジロジロ見られなければならないのかしら。毒舌や二枚舌の仕組みを解明されたら世の中がとんでもない事になってしまうと思うわ
ミッキー
いや、そんなのは舌を見ても分からないと思うけど……
ミニー
あらそう。とにかく少なくとも一つは味が分かるようになりたいものがあるわよ。あなたを攻撃する事ね
ミッキー
こら!僕を攻める事に味をしめたいとか言い出すつもりじゃないだろうな!
ミニー
違うわよ。あなたの好物を知る事ね、って言ったの。あなたの好きなものの味が分からないのだけは残念だと思うわ。って、何を言わせるのかしら、みっともない
ミッキー
うっ、僕と一緒に美味しいと思う気持ちを味わいたいって思ってくれてるのか?凄く嬉しいぞ、ありがとう。じゃぁいつかトンカツの味が分かるようになると良いな
ミニー
ええ、そうね。あなたは毒舌が好きみたいだものね。って、誰が毒ばかり吐いているフグ女なのかしら、失礼な
ミッキー
トンカツって言ってるだろ!聞き間違えてるぞ!

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー , ,