笑わせるより笑われるタイプの方が実は凄い芸人なのかもしれない理由

   

ブログネタ:面白い話をする時、笑わずに話せる?つい笑っちゃう?

ミッキー
何か最近面白い事ってあったか?
ハイジ
んー?正に今この瞬間かも!あっはっはのはっはっあなんだよ
ミッキー
へー、今何が起こったんだ?楽しそうだから教えてくれ
ハイジ
んー?普通に廊下を歩いているだけでミッキーに話し掛けられるというとんでもない面白体験をしてしまったんだよ!あっはっはかも
ミッキー
それのどこが面白いんだ?僕との会話はいつも楽しくなるから話し掛けられると嬉しいとか……
ハイジ
むっ?毎回酷い目に遭うクセによくも懲りないという気持ちが哀れみを通り越して面白くなってきてしまったのかも。ミッキーもいよいよいるだけで面白いという領域になりつつあるんだよ
ミッキー
こら!どういう事だ!思いっきり馬鹿にされてる気がするぞ!
ハイジ
むむむ、でも何でも過剰になると最後は面白さに行き着くのかもしれないんだよ。究極に暗い気持ちにならなきゃいけない葬式で笑いを堪え切れなくなったり、日常では考えられないような緊迫したシーンを演じている役者の表情がどうも滑稽に見えたり、企業のトップが記者に罵られながら必死に頭を下げている映像を観ると何だか不気味な感覚がするんだけどまたニュースで流れると何故か観てしまったりするのかも。そうなのかも。違うかも
ミッキー
言ってる事は分かるけど、それが僕にも当てはまるってのは全く嬉しくないぞ。しかも哀れみを通り越してとか言ってたし
ハイジ
んー?笑わせるのは良いけど笑われるのは嫌とかいう妙なプライドを発揮し始めたのかも?でも実際には笑わせるような実力を持ってない人が言ってるケースも多くて、それがまた更に笑われる要因になるという負の連鎖なんだよ。そもそも笑わせる事よりも笑われる事の方が技術的には難しい気がしているのかも。そうなのかも?そうに違いないのかも
ミッキー
まぁ確かに計算出来ない笑いってのは、笑いのセンスがあればあるほど逆に難しい領域なのかもしれないな。って、分かってはいるけど、いざ自分が笑われるタイプだと言われるとやっぱり嫌だぞ。どうにかならないのかな
ハイジ
んー?それなら面白エピソードでも話せば良いんだよ。笑わせるタイプの人ならお手の物かも
ミッキー
な、なるほど……面白いって宣言して話すのも辛いけどな……ああ、えーと、あの話があったな。そういえば地元の駅の近くにコンビニがあるんだけど、昨日帰りに寄ったら美味しそうな新発売のパンがあったんだよ
ハイジ
あっはっはっは!
ミッキー
おい!まだ導入部しか話してないぞ!
ハイジ
むっ?笑い声の足しどころを間違えたかも?編集ミスだから気にしないで欲しいんだよ
ミッキー
いや、そんなバラエティ番組じゃあるまいし……まぁ良いか。どうしてもそのパンを食べてみたくて今朝買ってきたんだけど、その直後に電車に乗る事を考慮し忘れててさ、いつも通り埼京線で押し合いへし合いしてるうちに完全に潰れてしまったという……
ハイジ
………………
ミッキー
おい、もう話は終わったぞ
ハイジ
ひゅよおおおおお
ミッキー
それって通販番組で異常に商品に感心を示す人達が値段を聞いた後に出す歓声じゃないのか?っていうかモノマネが上手いな……そうじゃなくて、僕の話はどうだったんだ?
ハイジ
………………
ミッキー
おい、何とか言ってくれ!感想無しが一番辛いぞ!
ハイジ
んー?意外と笑われるタイプではなかった事が判明したから謝罪したい次第かも。ミッキーはじしょうむしょうタイプなんだよ。ペコリかも
ミッキー
じしょうむしょう?聞いた事が無い言葉だけど、どんなタイプなんだそれは?
ハイジ
んー?自笑無笑は自分だけが笑ってて周囲は一切笑ってない状態を指す言葉なんだよ。ミッキーのせいでたった今誕生してしまった言葉かも
ミッキー
結局笑わせるのも笑われるのも僕には出来ないって事か……

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ハイジ ,