親とメールやLINEや電話をしない家庭の方が親子仲が良いかもしれない理由

   

ブログネタ:親とメールする?

ミッキー
あれ、メールだ
ミニー
………………
ミッキー
えっ、うーん
ミニー
………………
ミッキー
どうしようかな……
ミニー
………………
ミッキー
なぁ、ちょっと相談なんだけど
ミニー
引っぱたくわよ
ミッキー
何でだよ!まだ何も言ってないぞ!
ミニー
うるさいわね。どうせ【今日こそ新しい彼女がお前に会いたがっているから話をつけて欲しい】とか言い出すつもりでしょう?まるで私がいつまでも未練がましくあなたに付きまとっているような言い方をするなんて失礼な。今だってあなたが勝手に私に話し掛けてきたんじゃないの
ミッキー
何を言ってるんだ!お前以外の人を好きになるわけないだろ!
ミニー
うるさいわね。という事は【ストーカーにしつこくされているからお前が僕の代わりに話をつけて欲しい】と言いたいのね。もちろん私も当事者と言えるでしょうけれど、こういう問題は私が言うとかえって恨みを買って行動をエスカレートさせるだけだと思うわ。あなたがどんな理由でそのストーカーと縁を切る事を躊躇しているのか分からないけれど、あなたがはっきり言わないといつまで経っても真剣さが伝わらないんじゃないかしら。人は鏡に映したように好意が帰ってくるものと信じてしまう事があるのよ。実際には好意なんてそこに透明なガラス一枚さえも隔てていないかのように通り抜けてしまうものだけれど、それに気付くのが怖くて真実から目を背けているんでしょうね。あなたみたいな人のどこにそこまでの情熱を注ぎたくなるような魅力があるのかしら。一度じっくり訊いてみたいものね
ミッキー
想像で話を膨らませ過ぎだぞ!僕はストーカーの被害になんて遭ってないぞ!
ミニー
あらそう。あなたはストーカーの被害には一切遭っていないのね。分かったわ。それはそうと一体何が言いたいのかしら。もう目的は果たしたから何でも言ってちょうだい
ミッキー
……いつもと同じ無表情に見えるけど、何となく満足気なのが気になるな……っていうか魅力が無い、みたいなカンジでかなり罵られたような気がする……
ミニー
何をごにょごにょ好きな女の子を街中で偶然見掛けたと思ったら向こうもこちらに気付いたけれど、彼女の横には父親ほどに年の離れている男性が仲良く腕組みをした状態で立っていて、彼女の父親として挨拶をすべきか彼氏として挨拶をすべきか迷っている男のようにつぶやいているのかしら。気持ちが悪いわね。それで結局何を言いたいのかしら?罪の意識から開放された私は早くしないとどんどん妙な事を言ってしまいかねないわよ
ミッキー
……何だか知らないけどかなり機嫌が良いみたいだな……えーと、今、母さんから【帰りが遅くなるから夕飯はどこかで食べてくれ】みたいな内容のメールが来たんだ。だからお前が良ければどこかで一緒に食べて帰ろうか、って思ってさ
ミニー
あらそう。母親が母親である事を放棄した理由について、食事をしながら私の見解を聞こうと思っているのね。母親である事と妻である事に疲れて一人になりたくなったんじゃないかしら。一人の個性ある人間として生まれてきたはずなのに、母とか妻とか、他の誰かが存在して初めて成立する呼び名ばかりで呼ばれる事に違和感を感じたに違いないわ
ミッキー
ちょ、ちょっと待った!そんな深刻な内容じゃないぞ!ただの残業で……
ミニー
あら、本当にそうかしら。ほんの小さな変化に気付かずにいたら、相手はいつの間にかとんでもない決断をしている事があるのよ。息子であるあなたにメールを送る時点で、家族というより一人一人別の個人として捉えているに違いないわ
ミッキー
いや、今までもたまにこうして用事があればメールは送ってきてたけど……お前の家族はメールしたりしないのか?そっちの方が何となく……いや、何でもない
ミニー
まぁ、私の家庭がとっくに崩壊していると言いたいのね、失礼な。例えばこのまま私があなたと無断で夕飯を食べに行って夜遅くに帰ったとしても、その事について一言も触れられないくらいお互いに信頼しあっているわよ
ミッキー
……果たしてホントにそうなのかな……まぁ確かにミニーが間違った行動をするはずが無い事くらい、長年親をやってれば分かるか……とはいえ連絡は……
ミニー
何をごにょごにょ好きな女の子がどう考えても洋服を裏返しに着てしまっているように見えるけれど、今までに着てきた事が無い服だからもしかしたら裏返しではないデザインなのかもしれないと思い始めてしまって、タグの位置や縫製の状態を後ろからジロジロ見ていたら気付かれて引っぱたかれてしまった男のようにつぶやいているのかしら。それはそうと夕飯を食べるなら早く行きましょう。早くしないとフライドポテトが冷めてしまうかもしれないわ
ミッキー
いや、やっぱり親に連絡しておいた方が良いと思うんだけどな……もしかして親と話すのが恥ずかしいのか?
ミニー
まぁ、そんな思春期が服を着て歩いているような扱いづらい娘なわけがないじゃないの、失礼な。仕方が無いわね。ただちに電話しておくわ
ミッキー
そっか。分かった。どんな会話をするんだろう……
ミニー
私よ。ええ、そうね。今日は夕飯を食べてから帰るわ
ミッキー
ふむ、思ったより普通っぽいな
ミニー
それを私の親に伝えてちょうだい。ええ、またね
ミッキー
…………おい、相手は親じゃないのか?誰に電話したんだ?
ミニー
あら、ハイジに電話しておくわ、と言ったじゃないの。快く引き受けてくれたわよ
ミッキー
ええっ!?何でハイジ!?お前の親とどんな関係なんだ?今度詳しく聞く必要が……
ミニー
あら、その必要は無いわよ。こんな依頼をするのは今日が初めてだもの
ミッキー
……そのわりには簡単に引き受けたみたいだったけど……やっぱりスゴイなハイジは……

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー , ,