春が出会いと別れの季節と感じるのは人間関係が希薄な証拠だった?

   

ブログネタ:春は出会いの季節?別れの季節?

ミッキー
春は出会いの季節とか別れの季節って言われるな
ミニー
あらそう。二つ同時だなんて忙しいわね。今日知り合った人が明日他人になるのかしら?人間関係の希薄な世の中なら仕方が無いわね
ミッキー
おい、そういう意味じゃないぞ。卒業とか転職とか進学とか就職とか、別れと出会いが多くある季節だからじゃないか
ミニー
うるさいわね。冗談よ。小さい事に目くじらを立てていると今すぐにでも別れの季節が目立ってきてしまうんじゃないかしら。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
ちょっと待った!僕は絶対に離れないぞ!
ミニー
まぁ、突然手を握ったりして、何を考えているのかしら。狼藉とかいかがわしさとの出会いの季節と言いたいのかしら?それとも遠慮とか恥じらいとの別れの季節と言いたいんじゃないでしょうね
ミッキー
いや、そういうわけじゃないけど、とにかく傍にいて欲しいからつい……って、痛ててててて!爪を立てないでくれ!
ミニー
うるさいわね。爪とあなたの手が出会ってしまったから仕方が無いじゃないの。別れたいなら早く卒業式を迎えたらどうかしら
ミッキー
ううっ、せっかく繋いでるのに離したくないぞ。とにかく出会いと別れの季節だな、って話をしようとしただけなんだけどな
ミニー
しつこいわね。私は誰とも出会わないから何が起こっているのかさっぱり分からないわ。人はすぐに新たな出会いを求めたり、交友関係が広い方が良いと言い張ったりするけれど、結局は全て別れを迎えるだけじゃないかしら。それどころか今まで親しかった人達との交流まで疎かにしたりして、下手すると出会いの人数より別れの人数の方が常に多いかもしれないわね。必死に交友関係を広げて誰もいなくなるなんて皮肉なものね
ミッキー
うーん、それは悲惨な例だけど、ありえない事じゃないかもしれないな……って、痛ててててて!どうしたんだ一体!
ミニー
うるさいわね。皮肉の話と出会ったから皮肉に痛みが走ったのよ。残念だったわね
ミッキー
何をやってるんだ全く……そういえば皮肉ってどうしてこういう漢字なんだろうな。まぁ良いか。って、痛てー!手を捻らないでくれ!
ミニー
うるさいわね。皮肉の意味を知りたがっていたじゃないの。皮肉は本来【皮肉骨髄】という言葉が語源になっているのよ。骨や髄は物事の本質の意味ね。それに対して皮と肉は物事の表面よ。要するに皮肉というのは本質を理解していない人を揶揄して馬鹿にする言葉よ。というわけで皮肉という言葉の本質と出会って、あなたの骨髄にも痛みが走ってしまったわね
ミッキー
それなら口で言ってくれれば充分だぞ!全く。とにかくじゃぁお前にとっては出会いの季節でも別れの季節でもないってカンジなのか?
ミニー
ええ、そうね。春だからといって出会いだとか別れだとかがあったという印象は無いわね
ミッキー
うーん、でも僕と出会ったのは入学式だぞ?春じゃないか
ミニー
まぁ、そんなのは出会いではないわよ。当然じゃないの
ミッキー
そ、そっか。僕とこうなるのはもう運命で決まってた、って言いたいんだな。ううっ、僕だってそう思うぞ
ミニー
違うわよ。呆然じゃないの、って言ったの。出会いというより出くわしたというカンジじゃないかしら
ミッキー
それじゃ全く知り合いたくなかったみたいじゃないか!全く素直じゃない!

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー , , ,