執筆日記 観劇

二宮和也、妻夫木聡、黒木華出演映画「浅田家!」を観た感想

投稿日:

どうも公認会話士です。

昨日ちょっと時間があったので、嵐の二宮和也さん主演の映画「浅田家!」を観てきました。

スポンサーリンク

作品情報

父、母、兄、自分の4人家族を被写体に、“家族がなりたかったもの”“家族でやってみたいこと”をテーマに様々なシチュエーションでコスプレして撮影、ユニークな《家族写真》を世に送り出した写真家・浅田政志。
普通の家族が、消防士、バンドマン、レーサー、極道、ラーメン屋……等々、全力でなりきった姿を収めた写真集「浅田家」は、思わず笑みがこぼれる仲睦まじい家族の光景として好評を博し、写真界の芥川賞ともいわれる第34回木村伊兵衛写真賞(2008年度)を受賞しました。
本作は、この「浅田家」と、東日本大震災の津波で泥だらけになった写真を洗浄し元の持ち主に返すボランティア活動に参加した浅田政志が、作業に励む人々を約2年間にわたって撮影した「アルバムのチカラ」の2冊の写真集を原案に、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)で、第41回報知映画賞作品賞、第40回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞ほか、その年の映画賞を総なめにした中野量太監督が、実話に基づき独自の目線で紡いだオリジナルストーリー作品です。
写真家・浅田政志を主人公に、彼の人生と彼を支えた家族をユーモアたっぷりに温かく描き、なぜ彼が“家族”というあまりにも身近な存在を被写体として選んだのか、そして撮り続けるのか。一人の写真家の人生を通して《家族の絆》《写真が持つチカラ》を色濃く映し出します。主人公・浅田政志を演じるのは、クリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』(06)で国内外に鮮烈な印象を残し、『母と暮せば』(15)で第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞、『検察側の罪人』(18)で第43回報知映画賞助演男優賞、第42回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した、二宮和也。
今作では実在の人物に初挑戦。無茶で自由奔放ながらどこか許せてしまう人間味溢れるキャラクター・政志を、圧倒的な存在感と演技力で魅せます。
共演に、『悪人』(10)、『怒り』(16)、『家族はつらいよ』シリーズなど、好青年から殺人犯まで幅広い役に常に全身全霊で挑む、妻夫木聡。
『悪人』で第34回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『怒り』では第40回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。
確かな演技力で日本映画界を支えてきた妻夫木が、やんちゃな弟・政志を温かく見守る心優しい兄・幸宏を演じます。
その他、政志の父役に、平田満、母役に風吹ジュン、政志の幼なじみの若奈役に黒木華、写真洗浄のボランティアで政志が出会う東北の大学院生・小野役に菅田将暉など、日本映画界を代表する超豪華俳優陣が集結しました。
公式ホームページより)

というわけで、実在する写真家・浅田政志氏の半生を描いた作品となります。

観た感想

さて、ではなるべくネタバレしないように感想を。

物語は大きく分けて2つの軸から成り立っていて、一つは浅田政志氏とその家族の物語です。
そしてもう一つは、東北の震災以後に浅田氏が始めた活動についてです。

どちらか片方だけでも映画として成立しそうな濃い内容で、そんなものを2つ合わせると逆に中途半端な出来になりそうな懸念もありますが、まぁそこはギリギリオッケーな塩梅で配合されていたように思います。
「こんな生い立ちの人だからこういう活動をしてるんだろうな」とも思いますし、「こんな活動をしてる人はなるほどこういう生い立ちだからか」とも思える、そんな相乗効果が成立していたんじゃないかと。

登場人物の幼少期は流石に子役を使ってますが、20歳頃からはもう二宮さんと妻夫木さんと黒木さんが演じているのに全く違和感がありません!
このキャスティングは「童顔」である事が重視されたのかもしれませんね。
まぁいずれにしても皆さん演技力は見事なもので、笑いと涙が満載の物語にどっぷり浸る事が出来ました。

今は写真もデータ化されて、わざわざ現像とかプリントとかしない事がほとんどですが、ちゃんと現像された写真が持つ力みたいなものが感じられて良かったです。
お時間のある方は是非観に行きましょう!

以上、映画「浅田家!」の感想でした!
公認会話士が出版した小説一覧はこちら


[PR]コロナ疲れ解消

-執筆日記, 観劇
-, ,

Copyright© 電子小説家・公認会話士のサイト/無料会話ブログ&恋愛小説 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.