【会話ブログ】 ミッキー+ミニー

意外な理由で一般人が個人献金をもらえるかもしれない可能性について

投稿日:

ブログネタ:個人献金に興味はある?

ミッキー
ちょっと今回も政治の話になりそうなんだけど……
ミニー
あら、そういうのは辞めてちょうだいと言ってるじゃないの。記憶力が乏しいわね。数時間で全ての記憶が無くなってしまうのかしら?すぐに忘れてしまうならメモを持ち歩いた方が良いわよ。その代わり、そのメモを忘れた、とかいうありきたりな展開だけは辞めてちょうだい
ミッキー
いや、ちゃんと覚えてたから大丈夫だぞ!……一応今回は個人献金に興味があるかどうか、ってテーマだけど、お前がそこまで言うなら辞めておくか
ミニー
まぁ、とても興味があるわ。もっと詳しく話してちょうだい
ミッキー
変わり身が早過ぎるだろ!って、まぁ政党とかの話じゃないから構わないって事か
ミニー
そうね。思ったよりもちゃんと覚えてるじゃないの。既にメモ帳作戦を実行していたとは感心ね。もしメモ帳が無くなったら言ってちょうだい。あなたが買い忘れないようにちゃんと顔にマジックで書いてあげるわ。あなた自身は鏡を見ないと忘れてしまうかもしれないけれど、文房具を売っている店の前を通れば誰かが気の毒に思って声を掛けてくれるはずだから大丈夫よ
ミッキー
何を言ってるんださっきから!メモ帳なんて持ってないって!全く。それより個人献金の話なんだけど、どんな風に興味があるんだ?
ミニー
読んで字のごとく興味があるわよ。これは一体どこでどうすればもらえるのかしら?
ミッキー
これって、政治家が自分の考えを支持してくれる人からもらえる寄付金みたいなカンジなんじゃないのか
ミニー
そんな事は訊いてないわよ。そもそもどうして政治家とか政治の話とか言っているのかがさっぱり分からないわ。それで私はこれをどこに行けばもらえるのよ。政治の話という事は、国からもらえるのかしら?
ミッキー
え?何を言いたいのか良く分からないんだけど……国からはもらえないだろ、個人献金なんだから
ミニー
まぁ、どうしてそう言い切れるのかしら。個人献金は読んで字のごとく【個性的な人が献上してもらえるお金】じゃないの。それを私がもらえないとしたら、一体どういう人がもらっているのか教えてちょうだい。その人よりも個性的だと国に訴えに行くわ
ミッキー
ちょ、ちょっと待ってくれ!そんな人の性質によってお金がもらえたりしたら変だろ!
ミニー
あら、個性的な人にとってどれだけ生きづらい世の中なのか、あなたは平凡だから分からないのよ。何もしなくても燃えるような奇異の目で見られて、悪魔だ魔女だと囃し立てられるのよ。目だけで私を火あぶりの刑にしようと思っているのね。だから私は身体に火がつかないように、火を寄せ付けないように氷のような視線で全てをはね返しているのよ。すると今度は怜悧な視線が素敵、とか何とか言われて、熱湯のように熱い賛辞を投げかけてくるわ。いつか私を釜茹での刑にしようと思っているのね。だから私はどれだけ水が近付いても大丈夫なように、究極の乾燥肌を手に入れたのよ。ちょっと、この瑞々しい肌をつかまえて誰が乾燥肌なんて言ってるのよ、失礼な。それに水分を弾くなら油っぽい肌の方が良いじゃないの。まぁ、釜茹での刑は実際は煮えたぎった油をかけたらしいとついに気付いたのね。その手には乗らない……
ミッキー
ちょっとストップ!個性的なのは充分伝わったからちょっと待ってくれ
ミニー
あらそう。特に何もしていない気がするけれど伝わったのね。じゃぁどこへ行けばお金がもらえるのかしら?
ミッキー
もらえないって言ってるのに……悪いけどこれはさっきから言ってるように、政治家にあげる寄付金の事だと思うぞ
ミニー
まぁ、じゃぁどうしてこんな話をしたのかしら。ぬか喜びをさせるつもりだったのね、失礼な。献金させるわよ
ミッキー
いや、そんなお金は持ってないんだけど……
ミニー
違うわよ。献身させるわよ、って言ったの。高額の献上金の代わりに、私の個性溢れる会話に一生付き合ってもらうわ
ミッキー
……それで良いならまさにお安い御用だぞ

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

[PR]コロナ疲れ解消

-【会話ブログ】, ミッキー+ミニー
-, ,

Copyright© 電子小説家・公認会話士のサイト/無料会話ブログ&恋愛小説 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.