祖父母が一組だけ?父方と母方の祖父母が同一人物になる可能性について

   

ブログネタ:おじいちゃん子、おばあちゃん子集合!

ミッキー
そういえばお祖父さんとかお祖母さんってどんな人なんだ?
ミニー
あら、何かしら、突然、気持ち悪いわね。街を歩けばそこら中にいるじゃないの。どんな人だったのか自分で訊いてくれば良いんじゃないかしら。何でもかんでも私に頼っていると何も自分では判断出来なくなってしまうわよ
ミッキー
僕は見知らぬお祖父さんとお祖母さんの話をしてるんじゃなくて、お前のお祖父さんとお祖母さんの話をしてるんだ!
ミニー
うるさいわね。という事は私のお祖父さんとお祖母さんは見知らぬ人ではなくて既に知っているのね。だったらどんな人なのか訊くまでもないじゃないの
ミッキー
いや、見知らぬ、ってそういう意味じゃなくて……僕はお前の親類は両親にしか会った事は無いぞ
ミニー
あらそう。最も私と関係の深い私に会った事が無いのね。って、何をくだらない事を言わせているのかしら。そもそも私と最も関係の深いのはどう考えても両親よりあなたじゃないの。って、みっともない事を言わせないでちょうだい、腹立たしいわね
ミッキー
ぼ、僕は何も言ってないんだけど……でもそんな風に想ってくれてるなんて感激だ……
ミニー
……何をごにょごにょ生まれた時から祖父に間違った名前で呼ばれていて、どれだけ言っても勘違いが直らないから途中から気にしないようにしていたら、実はちょうど自分が生まれる時に祖父が可愛がっていた兄が病死してしまっていた事実を聞かされて、しかもそれを機に祖父の頭が狂ってしまったのが名前を間違え続けられている理由と知って祖父と接するのが何だか怖くなってしまった男のようにつぶやいているのかしら、気持ち悪いわね。とにかく結局今日は何を話したいのかしら?話題が一体どんな人だったか記憶に無いから何が何だかさっぱり分からないわ
ミッキー
いや、だからお前のお祖父さんとお祖母さんがどんな人なのか興味があるだけだぞ。確かまだ全員生きてるんだよな?
ミニー
まぁ、当たり前じゃないの。まだ高校生なのにそう簡単に死んだりしないわよ
ミッキー
いや、お前じゃなくて……って【孫が高校生くらいならまだ死なない】って意味か。まぁ平均寿命から考えると確かにそうだな。えーと、じゃぁとにかくどんな人なのか教えてくれないかな
ミニー
しつこいわね。おじいさんとおばあさんは高校生の頃に出会ったらしいわね。何だか毎日のようにあれこれ言い争って喧嘩していたらしいわよ
ミッキー
へー、そういう二人がいつの間にか相手を意識する、ってのは実際にあるもんなんだな。付き合うきっかけになった事件みたいなのってあるのか?
ミニー
さぁ、どうかしらね。何がどうなったのか詳しく分からないけれど、夏に肝試しでもしたんじゃないかしら
ミッキー
そっか。その辺は訊いた事が無いのか。まぁでも何か普段と違う事が起こると相手の認識が変わったりするきっかけになるんだろうな
ミニー
さぁ、どうかしらね。認識なんて最初からずっと変わらないんじゃないかしら。嫌いなものはそう簡単に好きになったりしないはずよ。詳しく分からないけれど
ミッキー
そうか?じゃぁ自分の気持ちに気付いた、ってカンジなのかな。って、詳しく訊いてないなら僕も推測で話すしかないけどさ。で、それから二人はどんな人生を歩んだんだ?
ミニー
あら、恐らく大学に進学して就職でもしたんじゃないかしら。いつまで経っても日常の細かい小さな出来事に対してあれこれ話して過ごしているわよ
ミッキー
なるほど。それでもずっと一緒にいるって事は、何だかんだで最高の話し相手なんだろうな。周囲の人には分からない深い心の繋がりがあるんだと思うぞ。って、どうやらお祖父さんもお祖母さんもかなり話好きなんだな。ちなみに父方か?母方か?
ミニー
知らないわよそんなの。息子が生まれるか娘が生まれるかで全く違うじゃないの
ミッキー
いや、言ってる意味が……僕もそのうち会ったりするだろうし、ちょっとはどんな人達か知っておきたいんだけどな。それとももしかしてどっちの祖父母も同じようなカンジなのか?
ミニー
引っぱたくわよ
ミッキー
何でだよ!叩かれる理由全く分からないぞ!
ミニー
うるさいわね。どうしてそんなにいくつも選択肢があるのかしら。どっちもというのはどっちとどっちを表しているのかしら?いかがわしいわね
ミッキー
ちょ、ちょっと待ってくれ。じゃぁ祖父母が最初から一組しかいない事になっちゃうぞ?え、じゃぁお前の両親ってまさか兄と妹みたいな禁断の……
ミニー
まぁ、どうして私のおじいさんおばあさんが一組だと両親が兄妹になってしまうのかしら。おばあさんの出生の秘密がとんでもない内容になってしまっているじゃないの。謝罪してちょうだい
ミッキー
いや、それはもちろんまさかとは思ったけど……って、お前の出生の秘密じゃなくてお祖母さんの出生の秘密になっちゃってるし。ちゃんと把握出来るように話してくれなきゃ分からないぞ。お前の祖父母は一体どうなってるんだ?
ミニー
あら、私達がどうなるのかなんて私達次第じゃないの。何を考えているのかしら
ミッキー
私達?えーと、ちょっと待ってくれ…………うーん、さっきからどうも変だと思ったら、もしかしてお祖父さんって僕の事なのか?それでお祖母さんはお前の事とか……
ミニー
ええ、そうね。私のおじいさんとおばあさんの話を訊きたいんでしょう?今から考えなくても放っておけばそのうち勝手にそうなるんじゃないかしら
ミッキー
な、なるほど、未来の僕達の話をしてたのか……さっき言ってた【見知らぬ人じゃなくて既に知っている】って言葉がずっと続いてたのかな……日本語って難しいな……でもずっとこのまま一緒にいてくれるつもりって事が分かって凄く嬉しいぞ
ミニー
………………
ミッキー
あ、あれ?どうした?
ミニー
うるさいわね。あなたは一体どこのおばあさんにその言葉を言おうと思っているのかしら。複数選択肢があるなんていかがわしいわね
ミッキー
それは誤解だぞ!ずっと一緒にいたい人が何人もいるわけないだろ!僕にとってのおばあさんはお前一人に決まってるじゃないか!
ミニー
……まぁどうして私がおばあさんだと認識されているのかしら。どこから見ても若さの欠片も無くて悪かったわね
ミッキー
おばあさんの意味が変わっちゃってるぞ!全く素直じゃない!

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー ,