カツ丼が好きな人は情熱家?カツ丼の味付けに秘められた想いとは

   

ブログネタ:1週間カツ丼、天丼、どっちがきつい?

ミッキー
カツ丼ってたまに食べると美味しいけど、ずっと食べたらどうだろうな
ミニー
あら、何かしら、突然、気持ち悪いわね。妙な事もたまに言われるならまだ良いけれど、毎日言われている身になって考えた事があるのかしら
ミッキー
うっ、そんなに変な事は言ってないと思うんだけど……だってカツ丼が毎日じゃかなりボリュームがあるぞ
ミニー
あらそう。それは興味深いわね。どういう事なのかしら?
ミッキー
まぁソースカツ丼とかもあるけど、一般的にカツ丼って言ったらどう考えてもボリュームがあるじゃないか。丼だしカツも丸ごとだし、更に卵でとじてるし……
ミニー
あらそう。カツ丼というのは使用する丼もご飯の量もトンカツの厚みも全て厳密に決められているのね。それなら場合によっては食べきれない日もあるでしょうね
ミッキー
いや、そんなのは店によって違うに決まってるじゃないか。基本の調理法とかは似てるだろうけどさ
ミニー
引っぱたくわよ
ミッキー
何でだよ!わけが分からないぞ!
ミニー
うるさいわね。ご飯の量も肉の量も自由に減らせるんでしょう?それなのに毎回ボリュームがあるなどとわけの分からない事を言って私を混乱させようとしているじゃないの。私はそう簡単に言葉の卵や丼に閉じ込められたりしないわよ。残念だったわね
ミッキー
な、なるほど、そういう意味か。いや、まぁ確かに量は減らせるけど、あの卵と出汁とカツとご飯の組み合わせがボリュームがあるというか……
ミニー
あらそう。という事は本当にカツ丼は量に関わらずボリュームがあるのね。でも分かったわ、飲み込んだら胃袋いっぱいにまで膨らむのがカツ丼なんでしょう?それなら膨らみきる前に食べきらないとそれ以上食べられないのは当たり前じゃないの
ミッキー
そうじゃなくて、味が濃いからあんまり続けて何度も食べられない、って意味だぞ!
ミニー
うるさいわね。そんなわけがないじゃないの。何を考えているのかしら。お店で食べる時の味付けは知らないけれど、自分で作るなら味付けなんていくらでも調節出来るわよ。それともトンカツはカツ丼にすると決めた瞬間に醤油や出汁の中に逃げ込んでしまうのかしら?だったらもうカツ丼なんて食べたらトンカツが可哀想だと思うわ。命懸けの抗議が実を結ばないなんて悲惨ね。醤油もろとも火にかけられて、逃げないように卵でとじられたりして、ずいぶん人間は残酷なんじゃないかしら
ミッキー
カツが醤油の中に逃げる、ってどういう世界観なんだ……とにかくまぁお前にも分かるように例えると、フライドポテトに必ずケチャップをつけて食べるのがカツ丼ってカンジかな。それなら分かるんじゃないか?
ミニー
あらそう。何を言っているのかさっぱり分からないけれど、ケチャップに飽きたらケチャップなんてつけないわよ。カツ丼だって飽きるような味付けにしなければ良いじゃないの。もしかしてカツ丼というのは誰もが嫌々食べているんじゃないでしょうね。一体何を考えているのかしら
ミッキー
うーん……どうも感覚が伝わらないな……まさかこんな説明で話が長引くとは……
ミニー
何をごにょごにょ大好きな歌手の歌を必死に練習した結果、録音した音声を聴く限り本人と聞き分けられないくらい上達したのでテレビのモノマネ番組に音声を送ったところ、見事オーディションに呼ばれてスタッフに披露する事になったものの【顔がクドくて歌なんて全く耳に入らなかった】とか【あえて本人とのギャップで笑いを取る人もいるけど、君の顔は笑いの範疇を超えている】とか【歌を聞いて欲しいならまずその顔をどうにかしてくれ】と言われて、謎の覆面モノマネ師としてデビューする事になってしまった男のようにつぶやいているのかしら、気持ち悪いわね。とにかくあなたは大好物のトンカツであっても、濃い味付けになったらすぐに飽きてしまうタイプだ、と私にアピールしたいんでしょう?毒の上に猛毒を塗り重ねて、最初に塗った毒が死んでしまうくらいに毒気のクドい女で悪かったわね。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
ちょ、ちょっと待った!お前に飽きたりするわけないだろ!一緒にいればいるほど好きになるぞ!
ミニー
うるさいわね。飽きる事も出来ないくらいあっさり味の女で悪かったわね。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
ちょっと待ってくれって!一体どっちなんだ!お前がどう思おうと僕は絶対に嫌いになったりしないぞ!
ミニー
うるさいわね。どっちが本性なのか分からないような不安定な味付けをどうやったら嫌わずにいられるのかしら。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
だからお前が自分をどう思ったとしても、僕が好きな気持ちは変わらないぞ!どうしてそんな事ばかり言うんだ!?
ミニー
…………二度と近寄らないでちょうだい
ミッキー
おい、いよいよ理由が無くなっちゃってるじゃないか。どうしてそんな事を言うのか説明してくれないかな
ミニー
あら、私が今みたいな事を言うと、あなたはとんでもなく濃い味付けで胸焼けしそうな言葉をあれこれ言ってくるじゃないの。でも残念ながらカツ丼を食べる気持ちは味わえなかったわ
ミッキー
えーと、要するに僕の熱くて濃い言葉を聞き続けて、カツ丼のボリュームを味わいたかった、って事なのか?……何だか失敗したみたいだけど、でも僕としてはさっきより熱い言葉って中々言えないと思うぞ。お前に対する想いはカツ丼より遥かに濃い自信があるけどさ
ミニー
違うわよ。飽きる気持ちが味わえなかったという意味よ

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー ,