手の届かない高い理想よりもまず簡単に出来る事に気付く事から始めよう

   

ブログネタ:何にでもなれるとしたら何になりたい?

ミッキー
特定の何かになりたいって願う人はいるけど、何にでもなれるとしたら何が良いかな
ミニー
あら、何かしら、突然、気持ち悪いわね。何かになる前にまずは一人前になる事が先決じゃないかしら。今のまま何かになっても、子供の頃から英語教育をされた結果として英語と日本語をどちらも中途半端にしか使えない憐れなバイリンガルみたいになるだけだと思うわ。専門用語ではセミリンガルと呼ぶらしいけれどね。要するにあなたはセミ人前になりたいのかしら
ミッキー
……そんなセミと人間のハーフみたいな言い方をしなくても……確かにまだ僕達は大人じゃないけど、何になりたいかを考えるくらいはしても良いんじゃないのか?
ミニー
あらそう。そこまでしてなりたいものがあるなら好きに発表すれば良いじゃないの。言うのだけは自由だものね。現実とのギャップで悲しくなるだけだとは思うけれど
ミッキー
お前は僕が将来どんな人間になると思ってるんだ?全く……でもいざ考えると絶対にやってみたい職業があるわけでもないか……
ミニー
あらそう。それがあなたのしたい事だったのね。夢の無い若者になって社会を皮肉りたい気持ちは分かるけれど、言えば言うだけ虚しくなるだけじゃないかしら。結局問題は社会ではなくてあなたの生き様だもの。努力したくない世の中だから努力しない、とか言っているだけでは世の中はあなたを救ってくれないわよ。実際に努力して報われている人だって大勢いるし、報われないながらも諦めずに努力を続けている人だって大勢いるわ。少なくとも何もしないでどうにかなるほど甘い世の中ではないのよ。反省してちょうだい
ミッキー
……僕はそこまで言ったつもりはないんだけど……と、とにかく、お前は何かなりたいものってあるのか?
ミニー
さぁ、どうかしらね。あなたがヤル気を出すまで蹴り飛ばし続ける人にでもなってみたいかしら
ミッキー
それは願わなくてもいつでもなれるんじゃないのか?
ミニー
まぁ、私はいつでもあなたを蹴り飛ばしているような女だと思われているのね、失礼な。蹴り飛ばすわよ
ミッキー
蹴らないのか蹴るのかどっちなんだ!
ミニー
違うわよ。気が咎めるわよ、って言ったの。あなたみたいな夢も希望も無い人を蹴り飛ばしたら虐待になってしまうじゃないの。せいぜい背中を押す程度よ
ミッキー
そ、そっか。僕が努力出来るように励ましてくれるわけか。ありがとう
ミニー
……何を感激しているのか分からないけれど、背中を押すのは崖の上だったり駅のホームだったりするかもしれないわよ
ミッキー
こら!死んじゃうだろうが!いくらなんでも酷いぞ!
ミニー
うるさいわね。あなたが人生を悲観して思い詰めた顔で崖やホームにいたらちゃんと押してあげると言っているのが分からないのかしら。何も下に落ちる方向に押すとは言ってないじゃないの、失礼な
ミッキー
そ、そっか。紛らわしい表現だったからつい……流石に冗談でも下に突き落とすなんて言ったりしないよな。ごめん
ミニー
天国に行くから上に行く方向という事になるわね
ミッキー
こら!上に行く前に結局突き落とされてるじゃないか!
ミニー
うるさいわね。冗談だと言っているじゃないの。でも特になりたいものがないなどとふざけた事を今後も言うようなら冗談が本気になってしまうかもしれないわよ
ミッキー
全く。うっかり電車にも乗れないなんてやり過ぎだと思うぞ
ミニー
あらそう。それなら大人しく交番に行けば良いじゃないの
ミッキー
いや、お前を犯罪者になんてしたくないけど……もしかして警察官になれ、って言ってくれてるのか?
ミニー
違うわよ。傍にいれば良いじゃないの、って言ったの。でもあなたはそんな未来にはなりたくないのね。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
ちょっと待った!ずっと傍にいたいに決まってるじゃないか!僕はあくまで職業の話をしてたんだぞ!
ミニー
だから傍にいてうなづいたり驚いたりしていれば良いじゃないの。それがあなたの仕事よ
ミッキー
……もしかして二人で漫才師にでもなるのか?でも僕の役割はツッコミじゃなくてただのリアクションってカンジみたいだな……

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー ,