まぶたの一重と二重の語源と新しい数え方について

   

ブログネタ:異性は一重と二重どっちが好き?

ミッキー
目には一重と二重とがあるけど、お前の目は綺麗な二重だな
ミニー
あらそう。二重で重々しい見た目で悪かったわね。でもそんな事を言ったらあなたも重々しい目をしているじゃないの
ミッキー
そうか?僕も二重だけど、一般的には二重よりも一重の方が重い印象って思われてるんじゃないのか?
ミニー
あらそう。重いより重い重いの方が軽いのね。同じ言葉を二つ重ねた方が響きが軽くなるという事なのかしら。でも言葉を重ねて重い重いになるという文章を省略すると、重重重になってしまうわよ。三重苦という言葉が世の中にはあるけれど、三重のまぶたをあまり見掛けない事とも関係があるのかしら。人類が進化して重苦しくならないようにまぶたの形を変えていったのかもしれないわね。それはそうと、とにかくまずあなたは三重県の人達に謝罪する必要があると思うわ
ミッキー
え?何で?まぶたと三重県の人達は全く関係ないと思うぞ。そもそも僕は言葉の重さじゃなくて、見た目の重さについて言ってるんだけど……
ミニー
あらそう。重と重重と重重重は見た目的にも三重が最も重いと思うけれど。基本的な問題として、一重という表記がまず違和感があるわね。一度も重なっていないじゃないの。だから一重はそのまま【まぶた】と呼ぶべきで、二重が【一重】になるのが正解じゃないかしら。これは日本と外国の建物の【階】の認識の違いにも通じるところがありそうね。日本では出入り口のある地面と同じ高さの階を一階と呼ぶけれど、海外で一階といえばその一つ上の階の事だもの。だからまぶたも国際基準に合わせるべきだと思うわ
ミッキー
軽い気持ちで言っただけなのに、何だか難しい話になっちゃったな……階の表現の説明は分かったけど、まぶたも海外では二重を一重って言ったりしてるわけか。まぁ確かに言ってる事は分からなくもないけどな
ミニー
ええ、そうね。まぶたの表現については英語ではシングル、ダブルと表現するけれど
ミッキー
じゃぁ日本と同じじゃないか!既に国際基準だぞ!
ミニー
うるさいわね。という事は【重】という漢字が違和感を発生させているに違いないわ。恐らく【単(ひとえ)】という字が変化しただけで大した意味はないんでしょうけれど、それならいっそ意味のある一枚とか二枚と表記すれば良いのよ
ミッキー
なるほど。まぁそれなら違和感は無いかもしれないな。でも既に一重と二重は日本語として定着して浸透しちゃってるしな……
ミニー
うるさいわね。既存の概念に捉われている人は嫌いよ。三枚目という言葉をそのまま人間にしたようなあなたからもアピールすべきじゃないかしら
ミッキー
何だそれは!って、つまらないって言われるよりはまだマシか……自分でも二枚目だとは全く思ってないしな
ミニー
あらそう。という事はあなたのその二枚に見えるまぶたは一枚まぶただったのかしら?わざわざ線を描いて二枚に見せているなんて興味深いわね。ちょっとよく見せてちょうだい
ミッキー
いや、そういう意味で言ってるんじゃないんだけど……
ミニー
まぁ、じっくりしっかりきっかり見てもちゃんと二枚まぶたじゃないの。あなたは確実に二枚よ。何を誤解を与えるような事を言っているのかしら
ミッキー
いや、まぶたは二枚だけど、二枚目とか三枚目の話になったから僕は二枚じゃない、って言ってたんだぞ
ミニー
何を言っているのか分からないけれど、私の基準ではあなたは確実に二枚だと言っているじゃないの
ミッキー
そ、そっか。そんな風に思ってくれてるならありがたく喜んでおくべきだな、うん
ミニー
あら、あなたは私が二枚舌という事を知らないのかしら
ミッキー
全く素直じゃない!

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー ,