乃木坂46 執筆日記 観劇

齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波主演映画「映像研には手を出すな!」を観た感想

投稿日:

どうも公認会話士です。
乃木坂46の齋藤飛鳥さんと山下美月さんと梅澤美波さんが主演する映画が公開されたので観てきました。

タイトルは「映像研には手を出すな!」で、大童澄瞳氏が月刊!スピリッツで連載している漫画が原作です。
既にこの3人のキャストでテレビドラマが放送されましたが、今回はその映画版という事です。

スポンサーリンク


劇場情報

この映画、観れる映画館がある程度限られているので、上映されている映画館をちゃんと確認してから観に行くようにしましょう!

上映劇場一覧

ちなみに私の家から一番近い映画館ではやってませんでした。





あらすじ

迷彩帽に迷彩リュックの少女・浅草みどり(齋藤飛鳥)は、アニメが好きで、人並み外れた想像力があるのだが、見知らぬ人に話しかけられると卒倒してしまうほどの極度の人見知り。
浅草の中学からの同級生・金森さやか(梅澤美波)は長身で美脚、金儲けに異常な執着を見せるタイプだ。
2人が入学した芝浜高校は、413の部活動と72の研究会およびそれに類する学生組織がある、一言でいえばカオスな高校。
この部活動および学生組織を束ねているのが大・生徒会。道頓堀透(小西桜子)、ソワンデ(グレイス・エマ)、阿島(福本莉子)、王(松﨑亮)が幹部として運営を司っている。そんな芝浜高校で、浅草と金森はカリスマ読者モデルの水崎ツバメ(山下美月)と出会う。
ツバメもまた、芝浜高校に入学してきた新入生で、実はアニメ好きでアニメーター志望だった。運命的な出会いを果たした3人はアニメ制作に邁進することを決意する。
こうして、電撃3人娘の「最強の世界」を目指す冒険が始まった!!!
公式ホームページより)

これはあくまでテレビドラマ版のあらすじなんですが、映画版はどのような状態から始まるのか気になるところですね。
ドラマを観てなくても理解出来るストーリーなのか、原作やドラマくらい見ておいて当然、な状態なのか。
ちなみに私は一気にまとめて観ようと思ってパソコンにせっせとドラマ版を録画していたんですが、観る前にパソコンが壊れる、という悲惨な状況に陥り、ドラマ版は1話目しか観てません。
一応主演の3人がどういうキャラクターなのかは分かっている、程度の知識です。







観た感想

では早速ネタバレしないように感想を述べていきましょう。
まずはとにかくハイテンションです!
かといって全力でコメディーをしているわけでもなく、熱い青春映画の要素も強いです。
実写とアニメと特撮とを豪華に合わせたような映像もかなり力が入っていて飽きさせません。
ちょっと詰め込み過ぎだったり、くだらないネタについていけない人もいるかもしれないですが、無難に大衆に迎合した作りじゃないところが逆に好感が持てます。
舞台挨拶で監督が「とにかく魅力的な人達なので、その人達が楽しく輝く事だけ気を付けて作った」みたいな事を言ってましたが、ちゃんとそういう映画になってたと思います。

ちなみに原作もドラマも観てなくてもまぁ何とかなります。
でもやっぱりドラマの第1話ほどじっくり人物像は描かれてないので要注意です。

乃木坂ファンとしての感想

では最後に主演の3人の寸評を。
まずは齋藤飛鳥さんですが、クセのある役をよく演じていたと思います。
口調も普通じゃないですし、性格もあまりに極端で、最も現実離れしたいかにも漫画っぽいキャラクターなんですが、飛鳥さんが演じると実際に存在しているような錯覚がします。
飛鳥さんも舞台挨拶で「役に入っている時は性格も変わった」といった内容のコメントをしてましたので、ハマり役なのかもしれないですね。
飛鳥さんが若いうちに、若いうちしか出来ないような役をもっとたくさん演じて欲しいな、と思いました。

次に山下美月さんですが、表情豊かで人懐っこい役を見事に演じていたと思います。
普段の山下さんを知っているとクールで性格がキツくて高飛車なキャラクターを演じさせたくなるんじゃないかと思いますが、そういう役をあえて梅澤さんに演じさせているところがこの作品の配役の妙だと思います。
この作品によって1期生の飛鳥さんとの距離がぐっと縮まった事は周知の事実ですし、今後も遠慮なくどんどん乃木坂と女優界の中心に切り込んでいって欲しいです!

最後に梅澤さんですが、一見ぶっきらぼうながらも静かに陰で動いて皆を支える、という役を好演していました。
周囲のハイテンションな役とのギャップがありますが、乃木坂で一番背が高くて外見が目立つ梅澤さんが演じる事でとても良いコントラストになっていて、存在感があります。
この役を演じるのが梅澤さんじゃなかったらもっと埋もれてしまっていたんじゃないかと思います。
3期生では久保ちゃんと並んで舞台経験も豊富なので、演技も堂々としたものです。
これからもたくさん舞台に出演して欲しいです!

というわけで以上、映画「映像研には手を出すな!」の感想でした!
公認会話士が出版した小説一覧はこちら



[PR]コロナ疲れ解消

-乃木坂46, 執筆日記, 観劇
-, ,

Copyright© 電子小説家・公認会話士のサイト/無料会話ブログ&恋愛小説 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.