【会話ブログ】 ミッキー+ミニー

理想の告白のシチュエーションがある人は理想通りの生活を送れてない人だった?

投稿日:

ブログネタ:理想の告白のシチュエーションは?

ミッキー
人それぞれ夢見る告白のシチュエーションってのがあるのかな
ミニー
ちょっと、私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
おい、どうしたんだ?会話出来ないじゃないか
ミニー
うるさいわね。そういう妙な小芝居ごっこはハイジとでもやってちょうだい。どうしてわざわざみっともない事をしに時間を巻き戻さなければならないのかしら。だったら出会う前まで時間を戻したいくらいよ。私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
おい、別にそういう告白のシチュエーションをやってみたい、って言ってるわけじゃないぞ?一般論としてそういうのがあるのかな、って話を……
ミニー
うるさいわね。そんなの理想も何も無いんじゃないかしら。そもそもそういう事を言っている人に限って誰からも告白されないという特徴があるわよ。要するに未来の理想を語る人は、全く掛け離れた状況にある自分に対して強がって言い訳をしているのよ
ミッキー
な、なるほど。理想の形じゃなきゃ受け入れられないから、今はまだ他は一切無くても構わない、みたいな事をアピールしたいカンジか
ミニー
ええ、そうね。そうしてどんどん理想など言っている場合ではない状況になって、焦って混乱してとんでもない妥協をして大失敗してしまうのよ。そんな事になるくらいなら、理想のあるうちから妥協する事も覚えて経験を積んだ方が良いと思うわ。理想が壊れた後での妥協はとんでもない事になるわよ
ミッキー
なるほど、価値観がおかしくなったタイミングで更に妥協すると、自分の理想だった形とは真逆になる可能性もあるな。って、何でこんな話になったんだっけ?
ミニー
さぁ、どうかしらね。あなたがわけの分からない話でも構わないと思った瞬間に更に妥協したからじゃないかしら。本来ならば顔も見たくないような相手と会話させてしまって悪かったわね。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
ちょ、ちょっと待った!僕は離れないぞ!お前と会話するのが妥協なわけないじゃないか!
ミニー
うるさいわね。私が妥協してこんな話題に乗ると思ったら大間違いよ。私は常に妥協なんてせずに、興味の無い人とはほんの挨拶程度の交流でさえ全て絶ってきたのを知らないのかしら
ミッキー
いや、きっとそうだったんだろうな、ってのは見てて分かるけど……でも僕とはこうしていつも会話してくれてホントに嬉しく思ってるぞ
ミニー
……あら、何の事かしら。興味の無い話題は辞めてちょうだい。何も話す気がなくなるわよ
ミッキー
全く素直じゃないんだからな……と、とにかく、人それぞれ夢見る告白のシチュエーションってあるのかな、って話をしようとしただけなんだけど……
ミニー
しつこいわね。それならまずあなたの理想を話せば良いんじゃないかしら
ミッキー
僕か?うーん、そこはほら、まぁその、あれだ
ミニー
あら、実はしっかり理想があるのに全く違う妙な形の告白で不気味な女と付き合うハメになってしまって悪かったわね。それなら違う女性を相手に夢を叶えたら良いんじゃないかしら。二度と私に近寄らないでちょうだい
ミッキー
ちょ、ちょっと待った!お前と付き合う事になったのはまさに理想的な展開だぞ!これ以上はありえないぞ!でもほら、告白って一人に対して一度だけとも限らないじゃないか。いつかまた別の告白もあるだろうし、それはお互いその時まで知らない方が良いんじゃないかな
ミニー
……あらそう。フライングだという事ね。どんな告白をしてくれるのか今からとても楽しみにしているわ
ミッキー
そ、そうか!?まさかミニーの口から楽しみって言葉が聞けるなんて……うーん、僕のこの嬉しさもフライング気味だな
ミニー
違うわよ。フライドポテトの事ね、って言ったの。まさか私から一本もらおうとするなんて驚いてしまうわね。どう告白するつもりなのかしら、楽しみだわ
ミッキー
それくらい欲しけりゃ【一本ちょうだい】って普通に言うに決まってるだろ!

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

[PR]コロナ疲れ解消

-【会話ブログ】, ミッキー+ミニー
-, ,

Copyright© 電子小説家・公認会話士のサイト/無料会話ブログ&恋愛小説 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.