実は農民が一番下?「士農工商えた非人」戦国時代の身分制度について

   

ブログネタ:自分は士農工商、公家、どれっぽい?

ミッキー
昔の日本って色々と身分の違いがあって大変だっただろうな
ミニー
あらそう。どうしてそう思うのかしら
ミッキー
いや、まぁ士農工商って習ったじゃないか。仕事によって身分が違うのってどうなんだろうな
ミニー
さぁ、どうかしらね。実際には四つの身分があるわけではなくて、農民と職人と商人の間には差は無いわよ。侍だけは支配階級の一部ね
ミッキー
え、そうなのか。四つは順番に分かれてるのかと思った
ミニー
あら、当時の生活を考えたらどう考えても農民が二番目にくるはずがないじゃないの。もし農民の方が身分が上だったとしたら、職人や商人をこき使って農作業の手伝いをさせたに違いないわ。三つには差が無いから農民ばかりが苦労するのよ
ミッキー
なるほど。厳しい年貢を課せられるのは農民だからな。一揆を起こすのも当然職人や商人じゃなくて農民になるわけか
ミニー
ええ、そうね。何を上流階級の武士みたいに高みの見物で話しているのか分からないけれど、あなたもまずは農民に繰り上がる事から考えたら良いんじゃないかしら
ミッキー
こら!じゃぁ僕はもっと身分が低い人みたいじゃないか!
ミニー
うるさいわね。犯罪を犯したり、育ちが悪かったり、家庭環境が悪かったりすると非人と呼ばれたのよ。そういう時代だったんだから仕方が無いじゃないの
ミッキー
いや、だったら現代で使わないでくれ。っていうか僕は別に育ちは悪くないし犯罪もしてないぞ!
ミニー
うるさいわね。15歳未満で盗みを働くと非人になるのよ。でも良民へ復帰する機会が与えられているからまだマシじゃないかしら。非人の中で更に秩序を乱すような行いをすると、えたと呼ばれる更に低い身分になってしまうわよ
ミッキー
そっか。えたと非人って習ったけど、その二つの間にも差があったんだな。って、僕は何も盗んでないぞ!
ミニー
うるさいわね。人の心を盗んだり、人の心の秩序を乱したり……とにかく救いようの無い行いばかりしているからもうどうにもならないんじゃないかしら。残念だったわね
ミッキー
僕がそんなに他の人の心に影響を与えてるとは思えないんだけど……でもお前はそう思ってる、ってわけだよな……
ミニー
何をごにょごにょどう考えても自分の畑の農作物が少なくなっている事に気付いた農家が隠しカメラを仕掛けたところ、夜中に隣の農家が勝手に農作物を収穫している様子が映っていて、次の日に映像とともに抗議をしたら【そもそも植えた段階でうちの苗が混じってしまっていたから今返してもらっただけだ。そっちこそ勝手にうちの農作物を収穫出来るようになるまで育ててしまうなんて酷いじゃないか】と言われてしまった男のようにつぶやいているのかしら、気持ち悪いわね。結局今日は一体何を話したいのかしら?話題の序列がめちゃくちゃだから何が何だかさっぱり分からないわ
ミッキー
いや、まぁもし僕達が江戸時代にいたら、どんな身分になってるだろうな、って話をしようと思ったんだ。お前は姫様みたいな偉い人になりそうだな
ミニー
あら、そうかしら。私は逆に民衆を率いて身分の違いを撤廃したりしそうな気もするけれど。でも身分なんてどうでもいいわ。つまらないもの
ミッキー
そ、そっか。じゃぁこの話題も別に興味が無いカンジか……
ミニー
違うわよ。妻じゃないもの、って言ったの。私の肩書きなんて最終的には一つしか……って、何を言わせるのかしら、みっともない
ミッキー
ううっ、どんな身分だとしても僕と一緒になる事しか考えられない、って言ってくれてるのか……僕はなんて幸せなんだ……
ミニー
でも盗人の犯罪者の身分のクセに良民と一緒にいても許されるものなのかしら
ミッキー
こら!僕は盗人じゃないぞ!……でも、そう言うって事は僕はお前の心を盗んでるんだな……

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー , , ,