北千住のお土産に!「とよんちのたまご」バウムクーヘンの感想

   

どうも公認会話士です。
先日舞台を観に北千住のマルイへ行ったついでに、気になっていたお店に寄ってきました。
プリンとバウムクーヘンのお店「とよんちのたまご」です。

スポンサーリンク

ad

北千住マルイ

舞台を観た「シアター1010」と同じ、北千住駅前のマルイの中(1階)にあるお店です。
北千住マルイはB1と1階が食品売り場で、B1は主に惣菜系のお店、1階にスイーツ系が入ってます。

まぁデパ地下でよく見かけるお店の多くがテナント展開してるので、どのお店で購入しても失敗しない確率が高いですが、「これぞ北千住マルイ!」という物珍しさはありません。
なので他のデパートでは見かけない「とよんちのたまご」は結構混雑してるんじゃないかな?と思いましたが、予想とは裏腹に全然お客がいませんでした。

プリンとバウムクーヘン

上記した通り売っているのはプリンとバウムクーヘンで、プリンがメイン商品の扱いです。
でも舞台の前にプリンを購入しても保存しておけないので、仕方なくバウムクーヘンだけ購入しました。

カットバウムが1個189円で、ホールで買うと1個1318円。
結構お手頃な価格です。

ちなみに私が購入して箱詰めしてもらっている間に、他のお客が3、4人並んでました。
誰もいないと素通りするけど、誰かが買ってると気になる、というのが人間心理ですね。

さて、帰宅して早速食べてみました。
まず、厚みがスゴイです。一般的なバウムクーヘンの3倍くらいありそうです。
そして黄色さも一般的なものとは比べ物にならないですね。
いかにも卵をふんだんに使ってるような色をしてます。が、黄身の色の濃さはエサの色素の量の違いだけなので、味が濃厚になったり栄養価が高まったりするわけではないので騙されてはいけません。

とはいえ、口にしてみるとやっぱり卵の風味が口いっぱいに広がります。
ふんわりというよりはずっしり、ぱさぱさではなくしっとりしてます。小麦粉よりも卵の方が多い、みたいな印象です。
表面はほんの少しだけ砂糖のザラザラ感が感じられて、その食感も面白いです。

どう切り分けてもそこそこのボリュームになってしまう事を考慮してあるのか、甘さはまあまあ控えめでしょうか。

チョコがかかったバウムクーヘンとかオレンジ風味のバウムクーヘンとか、世の中には色々とありますが、卵と小麦と砂糖の素材の味で勝負したい、というのが伝わるバウムクーヘンです。

ネットショップ

ちなみにこのバウムクーヘン、公式ホームページから通販出来ます。
プリンは買えないので残念ですが、【たまごかけごはんセット】なんて商品も売ってるので、興味のある方や遠方の方は是非!

以上「とよんちのたまご」のバウムクーヘンの感想でした!
公認会話士が出版した小説一覧はこちら

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 執筆日記, 食レポ ,