超実写版?ディズニー映画「ライオンキング」を観た感想

   

どうも公認会話士です。
昨日の舞台に続いて、今度は映画を観てきました。
ディズニーの「超実写版(?)キングオブエンターテインメント映画・ライオンキング」です。
何のこっちゃよく分からないですが、とにかく最近は「アラジン」だの「美女と野獣」だの、昔の作品を実写化する事に力を入れているような印象がありますね。

そのうち「アナと雪の女王」も実写化されるんでしょうね。
夢の国のネズミもリアルなネズミになるのかもしれません。

スポンサーリンク

ad


あらすじ

想像を超える『ライオン・キング』がやってくる

この夏、あの「ライオン・キング」が、全人類の心ふるわす“キング・オブ・エンターテイメント”として進化する。魂を揺さぶる不朽の名曲の数々と、この世界のすべての人々に“生きる意味”があることに気づかせてくれる感動の物語、そして、実写もアニメーションも超えた驚異の“超実写版”映像が、まるで映画の世界観に没入するような未知の映画体験へと観客を誘う。メガホンをとるのは「アイアンマン」シリーズの大ヒット・メーカーであるジョン・ファヴロー監督。ディズニーの傑作長編アニメーションとして誕生し、ブロードウェイ・ミュージカルへと発展を遂げた唯一無二のエンターテイメント「ライオン・キング」は今、ついにその伝説の頂点を極める。
世代も国境も超えて、すべての人の心へ響くストーリー!

命あふれるサバンナの王国プライドランド。その王であるライオン〈ムファサ〉に、息子〈シンバ〉が誕生する。だが、シンバはある“悲劇”によって父ムファサを失い、王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうために―。
(公式ホームページより)

というわけで、まぁ何となく大筋でどういう物語なのか知っている人も多いんじゃないかと思います。
私もその一人で、今回ちゃんと観るのはこれが初めてです。
アニメ版やミュージカル版などを観てたら比較も出来るんですが、観てないのですいません。

観た感想

ではなるべくネタバレしないように感想を述べていきます。

映像美がスゴイ!
この一言に尽きると思います。

【超実写版】というのは要するに【実写を超えたCG】という意味で使われているみたいです。
確かにまるでアフリカのサバンナにいるような気持ちになる臨場感。
アクションシーンなどはこちらの身体もつい動いてしまうほどです。

今までのディズニーアニメは人も動物もオーバーリアクションの表情ばかりであまり好きではなかったんですが、表情も自然で、うちの猫もこんな風にしゃべったら面白いのになぁ、みたいな。

アニメ版は知らないのであくまで予想ですが、きっとアニメ版は笑いが多くて、超実写版は感動が多い仕上がりになってるんじゃないかと思います。

字幕版と吹き替え版、どっちにしようかと思いつつ吹き替え版を選択しましたが、アニメと違って棒読みの感じもしなかったので、恐らくどっちを観ても変わらず楽しめそうです。

ただストーリーは恐らく原作通りなので、既に観た事がある人は新鮮味は感じないかもしれません。
でも観て損はないと思うので、お時間のある方は是非!

※夏休み中なので、子供や家族連れが物凄く多かったです。
超実写版の影響なのか、迫力のあるシーンでは子供が泣き出すので、落ち着いて観たい方は夏休み後に行くのが良いかも?
ちなみに私の場合ですが、後ろの席の子供が飲み物とポップコーンを落としたらしく、椅子の下に置いていたPerfumeのトートバッグが濡れてしまいました。
子供のした事なので「全然大丈夫ですよ」と謝罪してくる母親に言いましたが、視聴の際はお気をつけください。

以上、映画「ライオンキング」の感想でした!
公認会話士が出版した小説一覧はこちら

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 執筆日記, 観劇 , ,