乃木坂46 伊藤純奈出演舞台「オリエント急行殺人事件」を観た感想

   

どうも公認会話士です。
このたび、乃木坂46の伊藤純奈さんが出演する舞台「オリエント急行殺人事件」を観てきました。

お盆休み中の混雑だったり、台風直撃の心配などもありつつ、何とか観劇出来てホッとしてます。

スポンサーリンク

ad


公演情報

■会場:森ノ宮ピロティホール
■会場住所:大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5
■大阪公演主催:リバティ・コンサーツ
■公演日:2019年7月26日(金)~7月28日(日)

■会場:ウインクあいち 大ホール
■住所:愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
■愛知公演主催:中京テレビ放送
■公演日:8月1日(木)~8月2日(金)

■会場:サンシャイン劇場
■住所:東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ 文化会館4F
■東京公演主催:エイベックス・エンタテインメント/サンライズプロモーション東京
■公演日:2019年8月9日(金)~8月18日(日)

というわけで、大阪から名古屋、そして東京を回るスケジュールです。
よくある舞台公演と逆ですが、主演の小西遼生さんは普段大阪を中心に活躍している役者さんだそうなので、このようなスケジュールになったものと思われます。

彼のファンの友人が一人いるんですが、「いつも大阪まで舞台を観に行ってたから東京で観れて本当に嬉しいし、新幹線代とホテル代が助かる」などと言ってました。
ファンの行動力というのはやはりとんでもないですね。
Perfumeや乃木坂46が東京にいる時しか観に行かない私はまだまだ甘いようです。

さて、当日券などが各公演に用意されているようなので、興味のある方は劇場に問い合わせてみましょう!
公式ホームページ

あらすじ

豪華寝台列車で起きた密室殺人事件――。
容疑者は、乗客全員。

シリアで仕事を終えた名探偵ポアロは、英国で起きた事件の依頼を受けイスタンブール発の超豪華寝台列車「オリエント急行」で英国へ向かうこととなる。列車に乗り合わせたのは、どこか妙な雰囲気を漂わせる乗客たち。
列車は発車するが、不幸にも旅の途中で雪崩に巻き込まれ立ち往生してしまう。
そんな中、事件が起きた―
乗客の一人、アメリカ人の実業家・ラチェットが鍵のかかった寝室で殺されたのだ。
鉄道会社から捜査を頼まれたポアロは聞き込みを開始するが、
乗客全員からは完璧なアリバイが――。

ポアロはこの謎を解けるのか。
そこには、思いもしない結末が待っていた…
(公式ホームページより)

というわけで、アガサ・クリスティによる有名な原作ですね。
何度もドラマ化や映画化や舞台化がされてますし、タイトルくらいならほとんどの方が知ってるんじゃないかと思います。

などといかにも知ったような言い方をしてますが、実は私はこの物語をちゃんと観るのは初めてです。
人気作品なのでさぞ面白いんだろう、と観る前から楽しみにしてました。

サンシャイン劇場

舞台の感想の前に、東京公演のサンシャイン劇場を紹介しておきましょう(もう何度も紹介してますが)。

池袋のサンシャインシティにある文化会館の4階がこのサンシャイン劇場です。
客席は816席で、まぁ標準的な広さの劇場といったカンジでしょうか。
真ん中から後方や、2階席の場合はオペラグラスがあった方が良いと思います。
今回私は後方で、しかも一番端の席という事でオペラグラスを持っていきました。

舞台の感想

ではなるべくネタバレしないように舞台の感想です。

まずセットや音響や演出に関してですが、その辺はかなりシンプルで派手さはありません。
あくまで物語がメインで、それを楽しむための最小限の演出というカンジでしょうか。

殺人事件が発生した寝台列車にただ乗り合わせただけの乗客同士の過去が次第に繋がっていく物語は流石に面白かったですが、でも色々と謎を解いていく過程はちょっと退屈に感じるような、間延びした雰囲気もあったり……。
そこを補うためなのかどうなのか、会話ややり取りに笑いの要素がかなり含まれていて面白かったです。

舞台上の全員が主役で脇役は一人もいない。
そう思わせるくらい、他の演者が話している最中でも細かい動きやネタが満載です。

休憩含めて約3時間、ボリューム満点の舞台だったと思います。
内容に文句はないですが、サンシャイン劇場ってあんまり座り心地が良くないので、あわよくば帝国劇場とかでやって欲しい長さでした。

乃木坂46ファンとしての感想

では最後に伊藤純奈さんの寸評を。
彼女の舞台を観るのは「墓場、女子高生」「三人姉妹」「七色いんこ」「GIRLS REVUE」に続いて5作品目です。
印象としてはもっと観てるような気がしましたが、それでもメンバー最多ですかね。
彼女は舞台の出演回数自体、2期生の中でダントツなので当然と言えば当然です。

今回は清楚なお嬢様といった役どころで、今まで経験してきた役とはちょっと違うカンジ。
でも存在感は抜群で、堂々としたものです。
どんな役でも最後は「流石伊藤純奈だなぁ」と思わせる実力派の女優になったと言っても褒め過ぎではないでしょう!

多様な個性があるのに冷遇されている、と言われ続けている2期生を代表する女優として、今後もどんどん色々な役に挑戦していって欲しいです。

買ったもの

パンフレットだけ売ってました。
ジャニーズや乃木坂が出演しているのに一切グッズを作らないのは結構珍しいですね。
パンフレットは終演後に開封する袋とじがついてたり、ボリューム満点で購入して損はないです。

以上「オリエント急行殺人事件」の感想でした!
公認会話士が出版した小説一覧はこちら

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 乃木坂46, 執筆日記, 観劇 , ,