執筆日記 観劇

小栗旬、星野源主演映画「罪の声」を観た感想

投稿日:

どうも公認会話士です。

小栗旬さんと星野源さんが映画初共演となる注目作『罪の声』を観てきました。
原作は塩田武士氏の小説です。

スポンサーリンク

作品情報

脅迫テープに使われたのは、幼き頃の自分の“声”だった――
小栗旬×星野源。
人気と実力を併せ持つ今の日本エンタメ界を牽引する2人が映画初共演となるこの秋最大の注目作『罪の声』。
原作は、2016年の「週刊文春」ミステリーベスト10で第1位を獲得するなど高い評価を得た塩田武士のベストセラー小説。
フィクションでありながら、日本中を巻き込み震撼させ未解決のまま時効となった大事件をモチーフに綿密な取材と着想が織り交ぜられ、事件の真相と犯人像に迫るストーリーが“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティに溢れ、大きな話題を呼んだ。事件に翻弄されながらも、その奥に眠る真実に向かって力強く進む2人の男。
主人公の新聞記者・阿久津英士を演じるのは小栗旬。
これまでも数多くの話題作に出演し、近年では『銀魂』シリーズでのコミカルな演技から『君の膵臓をたべたい』『人間失格』での繊細な演技まで幅広い役を演じ、満を持して『ゴジラVSコング/(原題)GODZILLA VS. KONG』でハリウッド映画にも進出!35年以上前に起き、すでに時効となっている犯罪史上類を見ない劇場型犯罪の真相と謎の犯人グループを追う新聞記者を、その圧倒的な存在感で演じます。

もう一人の主人公・曽根俊也を演じるのは星野源。
映画初主演の『箱入り息子の恋』『地獄でなぜ悪い』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、俳優・音楽家・文筆家として幅広く活躍している星野が、父から受け継いだテーラーを営み、平凡な毎日を過ごす中で、偶然にも幼少時の自分が知らないうちにこの日本中を震撼させた未解決の大事件に関わっていたことを知ってしまう男を繊細に演じます。
公式ホームページより)

というわけで、過去の事件を追う記者と、その事件に関わった人達の姿を描いた作品ですね。


観た感想

ではなるべくネタバレしないように観た感想を。

まず、テーマとなっているのは「グリコ森永事件」です。
事件の後に生まれた私のような者にとっては本当に何となくしか知らない事件ですが、恐らくこの事件の要素をふんだんに取り入れているんじゃないかと思います。

私は知らなかったんですが、実際の事件でも子供の声による電話がかかってきたみたいですね。
あくまでフィクションですが、今作はその子供の人生を追った映画、というカンジです。

私は今作の脚本家である野木亜紀子さんのファンなんですが、配役から主題歌までまさに野木オールスターズというカンジでしたし、社会の真実の深い深いところまで忌憚なく切り込んだ構成は、観終わった後の満足度がとても高かったです。

誰も死んでない、身代金も取られてない事件には本当に被害者はいなかったと言えるのか。
が今作の最大のテーマだと思います。
当時を知る方は是非とも観て欲しいですね。

以上、映画「罪の声」の感想でした!
公認会話士が出版した小説一覧はこちら


[PR]コロナ疲れ解消

-執筆日記, 観劇
-, ,

Copyright© 電子小説家・公認会話士のサイト/無料会話ブログ&恋愛小説 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.