マクドナルドの糖質量を徹底分析!バンズ・パティ・チーズの糖質を知って痩せよう!

      2017/09/27

どうも公認会話士です。

ここ数年、糖質制限とか低糖質という言葉をよく目にするようになりましたね。
糖質というのは無くてはならないエネルギー源ですが、1日に130グラムあれば充分と言われてます。
ところがそんな量はあっと言う間にオーバーしてしまいます。
ご飯お茶碗1杯で糖質はなんと55グラム。更に麺やパンなど、小麦製品にもたっぷり含まれてます。
逆に肉や魚、豆類などにはほとんど含まれてません。
つまり、「朝食は食パン2枚」「昼食はおにぎり2個」「夕飯はラーメン」といった、

「少ないおかずで炭水化物をたくさん食べよう!」

という日本人の食生活はまさに糖質天国(地獄?)というわけです。

日々の生活で糖質はどんどんエネルギーとして消費されていきますが、消費し切れなかった糖質は脂質と結びついて脂肪に……逆に消費するエネルギーより糖質の摂取量が少なければ、不足したエネルギー源は脂肪の燃焼によって補う、と言われてます。
まぁこれが世に言う低糖質ダイエットのからくりです。

「だったらブランパンとサラダチキンしか食べない!」

などと極端に糖質を抑えようとする人もいるみたいですが、糖質が不足し過ぎると身体の老化を早めたりするらしいので、あまり無茶するのは控えましょう。

かくいう私も別に糖質制限はしてません。
ブランパンの食レポが確かに多いですが、全然ダイエットとは違う理由で、やはり世間の関心の高い商品のレポートをしないと新規の読者が増えませんからねー。

と、余談はさておき、では特に制限もしてない私が何故突然糖質の話を始めたか、と言いますと、今日は趣向を変えて、マクドナルドの商品の糖質をあれこれ探っていこうと思ったんです。
上手に食べれば、マクドナルドばかり食べても痩せるのでは!?みたいな事です。
1ヶ月マクドナルドを食べ続けて不健康になる「スーパーサイズミー」という昔あったドキュメント映画の真逆の結果も可能なのかも!?

まぁ誰も出演料をくれないので実際にやったりはしないわけですが……逆に最近割高なマクドナルドばかり食べてたらお金が無くなってしまいます。
さて、売れない作家の収入事情はさておき、とにかく調べていきましょう。

スポンサーリンク

ad

マクドナルドのハンバーガーの糖質は?

一応全商品の糖質はホームページ(栄養成分一覧表)に記載されてますが、この数値だけでは不充分です。

ハンバーガー30.2g
とか、
ビッグマック41.9g
みたいに、商品丸ごと1個の糖質量しか分からないんです。
この数値の中でバンズが占める糖質はどれくらいなのか、パティはどれくらいなのか、などなど、細かい糖質が気になったので、独自に調べてみます。

まずは気になるビーフパティから。
と言いたいんですが、これを調べる前に一つ段階を踏む必要があるので、ちょっと後回し。
まずは一番簡単なチーズ1枚の糖質を調べましょう。

方法は簡単。

「似た商品の糖質量を比べる」だけです。

チーズの糖質量

ハンバーガー
糖質30.2g
チーズバーガー
糖質30.8g

チーズ1枚の糖質0.6g

お分かりいただけましたでしょうか。
この二つの商品、チーズ以外の材料(バンズ、パティ、ピクルス、ケチャップなど)は全部同じですよね。というわけですぐに判明しました。
マクドナルドのチーズ1枚の糖質は0.6gです。

ビーフパティの糖質量

さて、チーズの糖質が判明した事で、ビーフパティの糖質を測る準備が整いました。
チーズバーガーとダブルチーズバーガーを比べます。

チーズバーガー
糖質30.8g
ダブルチーズバーガー
糖質31.6g

=ビーフパティ0.8g

と思った方、これは正解ではありません!
数学の苦手な方はこういうケアレスミスに気を付けましょうね。
ダブルチーズバーガーはパティだけでなく、チーズも2枚使われているので、余分なチーズ1枚分の0.6gを更に引き算します。

ビーフパティ0.2g

が正しい数値です。
何とビーフパティ1枚はたったの0.2g!
1日に130g以下が推奨量ですから、なんと1日にビーフパティを650枚も食べられます!

目玉焼きの糖質量

更にもう一つよく似た商品がありますので、次はエッグチーズバーガーや人気の月見バーガーに使われる目玉焼きの糖質を。

チーズバーガー
糖質30.8g
エッグチーズバーガー
糖質31.0g

目玉焼きの糖質0.2g

こちらもほとんど糖質はありません。ビーフパティと同じ糖質量ですね。

クォーターパウンダーパティの糖質量

クォーターパウンダー・チーズ(チーズ2枚
糖質37.6g
ダブルクォーターパウンダー・チーズ(チーズ2枚)
糖質38.0g

クォーターパウンダーパティの糖質0.4g

こちらはどちらもチーズの枚数が同じです。
通常のビーフパティより分厚いクォーターパウンダー用のビーフパティでも0.4gしかありません。

【追記】残念ながらクォーターパウンダーは販売終了となってしまいました。
代わりに加わった新メニュー「グラン」のパティですが、こちらも通常のパティよりも分厚いので、クォーターパウンダーと同様の糖質量と言えそうです。

チキンパティ・えびパティの糖質量

気を付けたいのはビーフパティではなく、チキンパティとえびパティです。
チキンパティの糖質を調べるために、期間限定商品を比べます。

てりたま
糖質41.1
チキンてりたま
糖質60.1

=20.0g

ここからチキンてりたまには使われないビーフパティの0.2gを引いて、

チキンパティの糖質19.8g

意外と高いです。
皆さんご存知の通り、鶏肉自体はほとんど糖質の無い食品なので、ほぼ全て衣の糖質だと思われます。
では同じく衣のあるえびパティはどうでしょうか。

チキンフィレオ
糖質49.6g
えびフィレオ
糖質45.6g

=チキンパティとえびパティの差4.0g
えびパティの糖質15.8g

衣のある商品はちょっと注意が必要ですね。
ちなみにフィレオフィッシュに使われるフィッシュポーション(フィッシュパティ)の糖質もえびパティとあまり変わらないと思われます。
(フィレオフィッシュは独自のソースを使っていて他のバーガーと比較出来ないので、正確な数値が分かりません)

バンズの糖質量

さて、いよいよ糖質の高そうな小麦粉の塊、バンズの糖質に迫ります。
これは残念ながら正確な数値は出せないんですが、そもそもここまでも全て憶測での話なので、そのまま聞いてください。

ここまで判明した食材の糖質を使って、

チキンクリスプ
糖質37.4g

を細かく調べていきます。

厳密にはチキンクリスプ用のチキンパティとチキンフィレオ用のチキンパティは違うパティなのですが、どちらも衣を使った同じような大きさのパティなので、19.8gという事にしてしまいます。
何故チキンフィレオではなくチキンクリスプで調べるのかというと、チキンフィレオはオーロラソースを使っていて、その糖質量がちょっと分かりにくいからです。一方チキンクリスプに使われているのはマヨネーズとレタスのみ。
一般的なデータによると、

マヨネーズ(大さじ1)
糖質0.5g

レタス100g
糖質1.6g

それぞれこんなカンジです。チキンクリスプのマヨネーズは大さじ3くらい使ってるんですかね。まぁレタスと合わせて糖質3.0gという事にしておきましょう。
そしてチキンパティが19.8g。

という事は……
37.4-19.8-3.0
バンズの糖質14.6g

意外と少ないバンズの糖質

……おや?

思ったほど高くないですね。
フレッシュネスバーガーが提供し始めた【抵糖質バンズ(14.8g)】よりも低い数値になってしまいました。
チキンクリスプのパティの糖質が今回の予想よりもうちょっと低かったとしても、せいぜいバンズの糖質は20g以下には抑えられそうです。
まぁマクドナルドは他の割高なハンバーガーショップと比べたら確かに薄っぺらいバンズではありますが……。

【追記】新メニュー「グラン」シリーズのバンズは今までのバンズとは違うものを使っているので要注意です。
グラン ベーコンチーズ 34.7g
グラン てりやき 39.8g
グラン クラブハウス 35.7g
と、他の似たようなメニューよりちょっとだけ高めの糖質量です。
計算によると、3.0g~3.5gほど糖質量が増しているようです。
それが多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれとなりますが……。

ちなみにアメリカのマクドナルドではバンズ抜きの注文なども受け付けているそうですが、日本ではそういったサービスは無いそうです。そもそもバンズだけを悪者にするのは間違いのようですしね。

通常は2枚のバンズが3枚使われているビッグマックの糖質が41.9gで、チキンフィレオ49.6gやえびフィレオ45.6gよりも少なくなっている点から見ても分かりますね。
バンズはその気になれば自ら外して食べたり、ブランパンと取り換えて食べたり出来るので、むしろ衣つきのパティ、ケチャップ(大さじ1で4.1g)、テリヤキソースなど、地味に糖質が高い商品を避けるべきかもしれません。
って、どれも使われてない商品はどうやらマクドナルドには存在しないっぽいですが……?

まぁでもハンバーガー1個食べても糖質は約30~40g。
実は充分糖質制限の範囲内に収まる食べ物だという事が判明しました。

むしろ問題は……

結局のところ、マクドナルドの何がいけないのかと言うと、犯人はこいつです。

フライドポテトS
糖質26.8g
フライドポテトM
糖質48.8g
フライドポテトL
糖質61.6g
ハッシュポテト
糖質13.6g
※サイドメニューには糖質の数値が記載されてないので【炭水化物-食物繊維】で計算してます。

公認会話士が愛してやまないフライドポテト!
Mサイズでもご飯お茶碗1杯分の糖質とあまり変わらなくなっちゃいます。
他にもバリューセットで選択出来るサイドメニューは、

チキンマックナゲット5個
糖質12.4g
バーベキューソース
糖質7.4g
マスタードソース
糖質4.6g

こちらはバリューセットとは無関係ですが、
シャカチキ
糖質17.1g

と、やはり衣つき商品は侮れない糖質量。

更にバリューセットの選択肢の一つ、
スイートコーン
糖質8.5g

もまるで鳩のようにただとうもろこしだけを食べる割りには馬鹿に出来ない量です。

サイドサラダ
糖質1.5g
焙煎ごまドレッシング
糖質2.3g

バリューセットはもうサラダしか選択しが無いのかも?

侮れないドリンクメニュー

さて、次はドリンクメニューです。
全部は面倒なので、主な商品を紹介します。

コカコーラM
糖質35.1g
ファンタグレープM
糖質39.0g
ミニッツメイドオレンジ
糖質33.1g
野菜生活M
糖質27.4g
マックシェイクバニラM
糖質66.8g

アイスカフェモカM
糖質20.1g
アイスキャラメルラテM
糖質20.3g
カフェモカM
糖質21.4g
キャラメルラテM
糖質21.6g
ホットココアM
糖質33.5g

甘い飲み物は当然のように糖質が多いです。

コーラゼロ
糖質0
爽健美茶
糖質0
アイスティーM
糖質0.3g
プレミアムローストコーヒーM
糖質2.1g

逆にこのような商品は低糖質ですが、
ガムシロップ
糖質6.6g

を使うと一気に跳ね上がりますので気をつけましょう。

というわけで、気になるマクドナルドの糖質でした。
食べ物には他にも脂質とかカロリーとか、更に色々と栄養素もあるので、糖質ばかり気にしていても健康的に痩せられるかどうかは分からないですが、糖質制限生活をしている方は是非参考になさってください。

どうしても食べたくなったらハンバーガーだけ、フライドポテトだけ、という食べ方なら問題ないと思います。
とんでもないのはやはりバリューセットです。

チキンフィレオ+ポテトM+コーラM
糖質133.5g

こんな物を食べてしまったらもうこの日はサイドサラダでも食べて過ごすしかないですね。

食べたい物を上手に食べて「スモールサイズミー」を目指しましょう!

公認会話士
公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 執筆日記 , ,