引っ越しをすると人間関係も引っ越すのが当然だけど

      2015/07/15

ブログネタ:引っ越しの思い出 参加中

「引っ越しってどうなんだろうな」

「引っぱたくわよ」

「何でだよ!変な事は言ってないぞ!」

「うるさいわね。どうせ【この妙な黒い女は一体いつになったら引っ越すんだ。はっきり言って長い期間見続けるだけで苦痛になるような人間だから、こういう 人間には国が引っ越し勧告をしたり、引っ越し費用を一部負担したりするべきだろう。このいつまで経っても立ち退かなかったせいで、超大型商業施設のど真ん 中にポツンと罰ゲームのように残ってしまった古民家のように呪われた女め】と言おうと思ったんでしょう?あなたの言いたい事は何もかもお見通しよ」

「そんな事言うわけないだろ!お前が引っ越しちゃったら最悪だぞ!毎日会えないと嫌だぞ!」

「……うるさいわね。そんな言葉で私の孤独な過去の記憶がどこかへ引っ越すと思ったら大間違いよ。それどころかおかしな感情が引っ越してきてしまうんじゃないかしら、いかがわしいわね」

「いや、何の事だかよく分からないけど、とにかく引っ越しをするのってどんな気持ちなんだろうな。僕達は生まれた時からずっと同じ家に住んでるからな」

「さぁ、どうかしらね。新しい環境になっても基本的には変わらないんじゃないかしら」

「そうか?でも土地も人も全部変わるんだぞ?」

「ええ、そうね。でも引っ越す本人は元のままじゃないの。引っ越した先では新しい気持ちでたくさん友達を作って今まで以上に楽しく暮らしたい、なんて夢を 観たりしない方が良いわよ。今まで友達が出来なかったような人は結局引っ越した先でも友達なんて出来ないに決まってるものね」

「まぁ今まで友達がいなかった場合は余程無理をして明るく振る舞ったりしないとダメだろうな……じゃぁ元々友達が多かったタイプなら大丈夫なんじゃないか?」

「ええ、そうでしょうね。でも新参者がいきなり人気者になったりすると、引っ越した先で今まで人気者だった人から反感を買うわよ。下手すると一気にいじめに発展する恐れもあるわね」

「やっぱり引っ越しは難しそうだな……何だか人間性まで一気に変わっちゃう可能性もあるんじゃないか?」

「さぁ、どうかしらね。子供の世界は狭いから、人間関係の変化に大きく左右される事もありえるわね。だから親としては【友達なんて出来なくても良い】とか【学校なんて行かなくても生きていける】と教えておくのが良いんじゃないかしら」

「なるほど。無理して頑張らなくても良い、って思わせる事でリラックスさせるわけだな。自然体でいる方が皆と仲良くなるのも早いだろうからな」

「違うわよ。新参者だからと気に食わない態度で接してくるタイプと大喧嘩をして一気に不登校になるために決まってるじゃないの。何を考えているのかしら」

「何を考えてるのか分からないのはお前だぞ!アドバイスがホントの意味になっちゃってるじゃないか!」

「うるさいわね。親が子供に嘘なんて教えたらそれが一番のトラウマになってしまうわよ。友達も学校も必要ないのは本当の事じゃないの。親を見ていればそれはある程度伝わっているんじゃないかしら」

「いや、別に親は人間関係で今までの場所を追われて引っ越してるわけじゃないはずだぞ……と、とにかく引っ越しても自分は自分、ってカンジでやっていくしかないんだろうな。どんな人がいるのかなんて、実際に引っ越すまで分からないからな」

「ええ、そうね。どうせ誰とも接しないんだからあれこれ想像して心配するだけ無駄よ。頭の中は必要ないわよ」

「誰とも仲良くならないのが前提だとまた逆におかしな態度とかになりそうだけどな……まぁ数人と親しくなれれば充分か」

「違うわよ。あなたしか必要ない……って、何を言わせるのかしら、みっともないわね」

「ううっ、そっか。僕さえいれば他に誰もいらないって意味だったのか……そんなに思われてるなんて感激だ……」

「お互いに他の誰かとなんて親しくなれるはずもないものね。仕方がないんじゃないかしら」

「……僕ってそんなに付き合いづらいのかな……確かに友達がいないけど……何だか心配になってきた」

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー