着物とドレス、どちらが似合うのかを訊くと人間性を疑われてしまうかもしれない?

   

ブログネタ:着物とドレス、どっちが似合うほうがいい?

正月の参考記事

ミッキー
正月に着ていた着物だけど、とても似合ってたな
ミニー
何よ、突然、気持ち悪いわね。褒められた私が天邪鬼な性格を発揮して着物を脱ぎ捨ててしまうという展開を期待しているのかしら?どうしてそういつもいつも私の服を脱がす事ばかり考えてしまうのかしら、いやらしいわね。頭の中が常にピンク一色で、そのうち髪がピンクに染まってしまうんじゃないかしら
ミッキー
こら!そんな事を言ったらピンクの髪のハイジが可哀想だぞ!それに正月以来着物は着てないじゃないか。もしホントに天邪鬼な性格を発揮したとしても脱ぐ着物が無いぞ
ミニー
うるさいわね。そんな風に正論を言われた私が負けず嫌いな性格を発揮してムキになって着物を着込んでしまうという展開を期待しているのね。着物に着替える時と脱ぎ捨てる時、なんと2回も裸になってしまうわ。普段は大した事を言わないクセに、あの手この手で私を脱がそうと画策する時だけはずいぶんと饒舌になるのね、いやらしい。既にあなたの肌と直接触れているTシャツくらいはピンクに染まってしまっているんじゃないかしら
ミッキー
頭の中の色が表面に出るわけないだろ!って、それじゃまるで僕の頭の中がピンクって認めてるみたいじゃないか……僕はただ、お前は何を着ても似合うからドレスとかも似合うんだろうな、って言いたかっただけだぞ
ミニー
まぁ、ドレスなんてデザインによっては布の部分が身体の表面積の半分にも満たなかったりするじゃないの。私にそんないかがわしいドレスを着せたが最後、あなたは四捨五入ゲームを私に持ちかけるに違いないわ。勝負を挑まれた私が完璧主義な性格を発揮してドレスを四捨五入して脱ぎ捨ててしまうという展開を期待しているのね。私を脱がすためには誰もが思い付かなかいような発想力まで発揮してしまうなんて、いやらしいわね。ついにYシャツにまでピンクが侵食してしまっているんじゃないかしら
ミッキー
僕は何も言ってないだろうが!妙な想像をしてるのはお前じゃないか。僕は普段着ないような服も似合うだろうな、って話をしたかっただけだぞ。むしろ服を着せようと思ってるのにどうして脱がす展開になるんだ
ミニー
まぁ、お前のような貧相でみっともない女は出来るだけ見えないように布で隠しておいた方が良い、と言いたいのね、失礼な。そんなでまかせを流布された私が真実を証明しなければ気が済まない性格である事を利用して服を脱がそうとしているのね、いやらしい。ここまで不気味な執着心を見せ付けられると、意地でも脱ぐわけにはいかないわ。一度脱いでしまったらもう二度と私が服を着れないように妨害し続けるに決まっているもの。ただ一つだけ忠告しておくけれど、私以外の人にこんな話をしたらあっと言う間にあなたが囚人服に着替える展開になってしまうから妙な欲望は捨てた方が良いわよ
ミッキー
だから僕は何も変な事は言ってないぞ!冷静に思い出してくれ。僕は脱がそうなんて思ってないし、言ってもいないじゃないか
ミニー
あらそう。そこまであなたに興味を持たれないというのは、女性として生きる私に対する最大の侮辱じゃないかしら。ついあなたが正常かどうかの反応を確かめるためにチラリズムを発揮してしまいそうになる心理を上手く利用しているわけね、いやらしい。このままあなたと会話をしていると脱がされるのも時間の問題という気がするわ。二度と私に近寄らないでちょうだい。または無いわよ
ミッキー
おい!どういう事だ!これっきり僕とはもう会話してくれないんじゃないだろうな!
ミニー
違うわよ。まだ早いわよ、って言ったの。そんな簡単に見れると思ったら大間違いよ
ミッキー
そっ、それは重々承知してるけど……今後もっともっとお互いに親しくなって……だよな
ミニー
あら、これ以上親しくなる事なんてあるのかしら。少なくとも今のように欲望だけで突き進んでいるうちは無理ね
ミッキー
だから違うって言ってるのに……

公認会話士が出版した小説一覧はこちら

スポンサーリンク

ad

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 【会話ブログ】, ミッキー+ミニー , ,