乃木坂46主演映画「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」を観た感想

   

どうも公認会話士です。
先週、堀未央奈さんの主演映画「ホットギミック」を観たばかりですが、今週も映画を観てきました。

乃木坂46のメンバーが主演したドキュメント映画「いつのまにか、ここにいる」です。

スポンサーリンク

ad


あらすじ

結成から7年目を迎えた2018年9月。22枚目となるシングルの選抜発表の場で、エース西野七瀬の口から自身の卒業が明かされた。
いつまでも変わらないと信じていた、しかしいつか失ってしまうとわかっていた、戸惑うメンバーたち。
今や自らの予想をはるかに超える人気を獲得し巨大化したアイドルグループ、乃木坂46。
その“うねり”の中にいる自分は、はたして何者なのだろうか?
エースの卒業をきっかけに自分探しの旅に出る少女たちの心の葛藤と成長をこれまでにない親密な距離感で、物語はつむがれていく。
公式ホームページより)

というわけで、西野七瀬さんの卒業発表によってグループとメンバーはどうなっていくのか、という事を追ったドキュメントです。
この映画が作られた理由、私は物凄くよく分かります。
私は生駒ちゃんのファンでしたし、白石さんや生ちゃんなどの人気メンバーが数多くいますが、でも乃木坂46は西野さんを中心に回ってるグループだとずっと感じてました。
乃木坂46の浮き沈みと彼女の浮き沈みがぴったり重なるような、そんなイメージです。

だから私は以前、西野さんが卒業を発表したタイミングで「乃木坂46は西野七瀬と共に成長するグループであり、彼女の卒業はグループの第1章の終わりを意味する」と書きました。

この映画はまさに、第1章の完結編みたいなもの。
という認識で観てきました。

観た感想

ではなるべくネタバレしないように感想を……と普段は言うところですが、乃木坂46というグループがどういう歩みをしてきたか、ファンなら誰でも知っていると思いますので、ネタバレも何もありません。
西野さんが卒業を発表して、卒業していく。
その事実の裏側を追っただけです。

でも、今まで知らなかった決意やメンバーの想い、卒業に対して誰がどう思っているのか、など、知れて良かった事がたくさんありました。
多くのメンバー達の想いを聞いて迎える西野さんの卒業ライブの最後の挨拶のシーン、あれで泣かないファンはきっといないんじゃないかと思います。

そして第2章の主役はやっぱり齋藤飛鳥さんなんだな、というカンジ。

途中ちょっと間延びした感もありますが、乃木坂ファンなら見ておくべき映画だと思います!

乃木坂ファン以外の感想

さて、普段は一人で舞台や映画を観に行く私ですが、今回たまたま乃木坂46の事をほとんど何も知らない友人を誘う事に成功したので、彼女の感想を載せておきます。

「よく分からなかったけど面白かった」

だそうです。
後半部分は横で感動して泣いてる私に合わせて言っただけかもしれませんのであしからず。

以上、映画【いつのまにか、ここにいる】の感想でした!
公認会話士が出版した小説一覧はこちら


youtube

おすすめ記事一覧:

 - 乃木坂46, 執筆日記, 観劇 ,