東京ドームのエキサイトシートで野球観戦した感想

   

どうも公認会話士です。

先週西武ドームで野球観戦していた私ですが、なんと今週は東京ドームで野球観戦してきました。

北海道日本ハムファイターズ×埼玉西武ライオンズ戦です。

去年の東京ドームでの観戦から奇しくも西武戦が3回続きました。
まぁ要するに日ハムが主催する東京ドームでの西武戦、という去年観た試合と同じカードです。

春先から絶好調だった西武打線ですが、前回私が観戦した辺りからどうも湿りがちになるという、西武ファンから怒られてしまいそうな状況になってしまいました。
果たして今回はどうだったんでしょうか。

参考記事
東京ドームのプレミアムラウンジシートで野球観戦した感想
西武ドームのフィールドビューシートで野球観戦した感想

スポンサーリンク

ad


去年は大谷選手がプリントされてましたが、今年は鍵谷投手です。
来年は清宮選手かも?

エキサイトシート

試合内容も気になるところですが、それより何より、今回は念願のエキサイトシートでの観戦となりました!
エキサイトシートというのは、先日西武ドームで観たフィールドビューシートと同様、1塁側と3塁側のファールゾーンに作られた迫力満点の席です。
グラウンドの中で選手と同じ目線で野球観戦出来る、何とも贅沢な席ですね。

当然のように大人気の席なので、巨人戦のエキサイトシートは中々手に入りません。
シーズンチケットを買えば良いんでしょうが、そこまでのお金もありませんし、頻繁に観戦する時間もありません。

というわけでパリーグの試合に狙いをつけてチケットを購入しました。

今回の席は、3塁側のホームベースから2番目に近いブロックです。

西武ドームは防護ネットが張られますが、東京ドームにはありません(試合前の練習中はどこからボールが飛んでくるか分からないのでネットが置かれます)。
なので座席にはちゃんとグローブとヘルメットが付属します。
着用を促されますが、強制ではなくあくまで自己責任です。
グローブをつけている人は多いですが、ヘルメットを被っているのは子供くらいでした。

足元は結構広々してます。
席も全部ホームベース方向を向いて斜めに独立しているカンジなので、隣の人が他人でもあまり気になりません。
座り心地も悪くないです。

選手も近く、いつファールボールが飛んでくるか、という心配もあるので、自然と試合に集中出来る席ですね。
逆に集中してないと危ないです。

注意点

西武ドームのフィールドビューシートではどこの席でもそれなりに楽しめるだろうな、と書きましたが、東京ドームのエキサイトシートは結構運に左右されそうです。
前の席との高低差がほとんどないので、前に座高の高い人が座ってしまうと物凄く見えづらいです。
↓こんなカンジ。

ホームに近く、前から3列目なのに結構人の頭が気になりますよね。
でも運良く目の前の男性は5回くらいまで観戦して帰っちゃいました。
シーズンチケットで購入してる人が多い席なので、途中で来たり、途中で帰ったり、という人がそこそこいるみたいです。

↓前の男性が帰って以降はこんなカンジ。

せっかくエキサイトシートで観るのに人の頭ばかり観るのは辛いので、エキサイトシートで観る場合は出来たら最前列のチケットを入手しましょう。
更に内野側なら最高ですが、最前列であれば外野側でも楽しめると思います。
最前列が入手出来ない時は他の席で我慢するのも一つの手です。
そっちの方がチケット代も安いですし、きっと満足度は高いです。

観戦の際の参考にしてもらえたらと思います。

また完封

ちなみに試合は先週以上に引き締まった投手戦となり、何と1対0で日ハムの勝利となりました。
私が観戦した2試合に限って、12球団最強を誇る西武打線が完封負け!
西武ファンに知られたら「お前は二度と球場に来るな」と言われてしまいそうなので、今シーズンはもう西武戦は控えたいと思います。

いや、良いチケットが手に入りそうならそれはその時ですけどね。

試合終了後はその日のヒーローがハイタッチをしてくれるのが、エキサイトシートで観戦した人のみに与えられる特権です。
でもホームチームが勝った場合のみで、しかも3塁側だけっぽいです。
その代わり1塁側はサインボールをたくさん投げ入れてもらえます。
まぁそれこそ運次第なので、あまり期待せずに試合を楽しみましょう。

以上、東京ドームのエキサイトシートで野球観戦した感想でした!
公認会話士が出版した小説一覧はこちら

youtube

おすすめ記事一覧:

 - 執筆日記 ,